• 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト

大阪心斎橋の居抜き・貸店舗ならサンアクトにお任せ下さい!

定休日:日曜・祝日・第一土曜日
営業時間 9:00~19:00

大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋3F

06-6484-6723

店舗売却の際しなければいけない手続きとは?

2016年07月30日

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
何かしらの理由で店舗売却をする状況になった時、
しなければいけない手続きをご存知でしょうか?
 
1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s
 
まずは売却を依頼する会社選びを行います。
判断の基準は、店舗売却の実績があるかどうか、
出店希望者との幅広いつながりがあるか、対応するエリアの広さ、
成功報酬のシステムに納得がいくか、等があげられます。
 
会社を絞り込んだら、売却物件の査定を依頼します。
ここで売出価格、売却の方法について打ち合わせを行います。
 
売却価格決定の際には決算書や賃貸借契約書、
リース契約書などの書類が必要となる場合がありますので、
事前に確認しておきましょう。
 
売却条件に納得できれば、媒介契約を締結します。
媒介契約後、募集が始まります。
条件に見合う買い手が見つかると、実際に両者で打ち合わせを行います。
その後、会社を介して売買価額、条件等を調整していきます。
 
これらで合意できれば、基本合意契約を結びます。
この際に注意したいのは賃貸借契約の場合、
ほとんどは退去時に原状回復することが義務付けられています。
これを行っておかなければ貸主から承諾が得られませんので、
最終合意までに原状回復を進めておく必要があります。
 
なお、売り手と買い手が同業などの場合、
店の内装や備品をそのまま引き継げる可能性もあります。
この場合は原状回復の費用が省けますので、
売り手にも買い手にもメリットが大きいといえるでしょう。
 
さらに、賃貸借契約の解約には、通常3~6か月ほど前から予告をする必要があり、
短期間で移転をすると、その間の賃料を払い続けなければなりませんが、
買い手が店舗をそのまま使用すると賃料が継続して入るため、短期での解約も可能となることが多いようです。
 
売り手と買い手の条件が一致すれば、
情報に間違いがないかどうか審査が行われ、最終的に売買価格が決定します。
その後、売買契約を締結し、賃貸借契約の変更手続に入ります。
手続き完了後に成功報酬を控除した金額が売り手側に支払われるのが一般的です。
 
0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_s
 
大阪で店舗売却をお考えでしたら、ぜひ一度サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

Comments

comments

ジャンルから探す

ジャンルから探す

エリアから探す

エリアから探す

トップ