• 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト

大阪心斎橋の居抜き・貸店舗ならサンアクトにお任せ下さい!

定休日:日曜・祝日・第一土曜日
営業時間 9:00~19:00

大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋3F

06-6484-6723

大阪で人気の居抜き物件と貸店舗の違いとは?

2016年08月24日

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
最近お店を開業するにあたって、
人気を博しているのが居抜き物件ですが、
貸店舗物件は内装の状態によっても分けられます。
 
d349d47507850db505486607596b544b
 
内装がほとんどなく、店舗内を
自由にデザイン・レイアウトすることができる状態の物件は、
スケルトン物件と呼ばれます。
一方、前の借主による内装などが残っている物件は、居抜き物件と呼ばれます。
 
こういった違いがあります。
 
スケルトンとは「骨組み」を意味し、
貸店舗物件においては内装と設備を施す前の状態のことをこのように呼びます。
 
スケルトン物件は店舗の内装や設備が施していない状態にあるため、
店内を自由にデザインすることが出来るといったメリットがあります。
 
ですがその一方、内装工事などに多額の費用と時間もかかりますので、
オープンするまでに時間がかかるというデメリットもあります。
 
居抜き物件とは、前の借主の内装などが残っている物件のことです。
居抜き物件のテナントを借りる場合、
内装などは前の借主から買い取る形になるケースが一般的で、
一からデザインを考えて内装工事を行なう場合に比べ、
費用を抑えられるというメリットがあります。
 
d2c2d1097f7ca07cd106459d9a47de34
 
しかし、レイアウトの変更に制限があるといったデメリットもあります。
居抜き物件を探す際には、内装の状態をきちんと確認することが大切です。

Comments

comments

ジャンルから探す

ジャンルから探す

エリアから探す

エリアから探す

トップ