• 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト

大阪心斎橋の居抜き・貸店舗ならサンアクトにお任せ下さい!

定休日:日曜・祝日・第一土曜日
営業時間 9:00~19:00

大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋3F

06-6484-6723

居抜き店舗の譲渡と売買の違いとは?

2016年12月18日

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
最近飲食店を開業する人たちの間で、
ポピュラーとなりつつある居抜き店舗物件ですが、
契約書の様式や取引形態がいくつも存在します。
 

 
ネットで調べて勉強しようと思い立っても、
名称や呼び名が違うことで何を意味しているのか、
混乱することが多いと聞きます。
 
実は種を明かすと、呼び名が違うだけで、
中身は同じと言うのもが大半です。
 
その混乱の最たるものが譲渡と売買の違いだと言います。
 
端的に言うと「譲渡」とは、所有権の移転を指します。
その契約形態としては
「売買」・「贈与」・「交換」の3種類があります。
 
これに対し、「売買」とは、
「当事者の一方が、
ある財産権を相手方に移転することを約し、
相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、
その効力が生ずる」(民法555条)
と規定されています。
 
つまり、売買とは譲渡の一部と言えるでしょう。
もし代金の伴わない無償の場合でも、
売買ではなく譲渡とタイトルに
書いておけば問題ないとなるのです。
 

 
居抜き物件、店舗売却のことなどでお悩みでしたら、
迷わずサンアクトまで、お気軽にご相談くださいませ。

Comments

comments

ジャンルから探す

ジャンルから探す

エリアから探す

エリアから探す

トップ