• 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト

大阪心斎橋の居抜き・貸店舗ならサンアクトにお任せ下さい!

定休日:日曜・祝日・第一土曜日
営業時間 9:00~19:00

大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋3F

06-6484-6723

手続きが面倒な店舗売却は不動産屋に相談しよう!

2017年06月04日

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
売主(閉店オーナー)にとってメリットのある居抜き売却ですが、
注意すべきポイントを外すとトラブルになることもあえいます。
 
特に募集を行う際に売主(閉店オーナー)側で注意すべきなのは、
貸主・管理会社とのトラブルです。
 

 
例えば店舗の買い手候補がついても売却できず、
撤退コストを負担し退去するはめになったなど、
貸主側(家主・管理会社)の許可を事前に、
「上手に」取らなかったことがほとんどの原因です。
 
貸主サイドには「現テナントが退去するなら、次はここを変えたい」
という場合もあります。
たとえば、賃料の価格変更や入居NGの業態を条件に加えるなどがあります。
変更後の賃貸条件を確認せずに募集して候補者が現れても、
新しい条件に合わず破談になり困り果てる店主も少なくありません。
 
店舗売却に成功(=居抜き後継テナントが決定)すれば、
メリットしかありません。
 
しかし進め方しだいで、
手残りの金額には大きく差がつくケースがあるのも事実です。
 

 
店舗売却は、人生の中でなかなか頻繁に経験することもなく、
手続きも面倒です。
面倒な手続きは全て引き受けますので、
大阪で店舗売却をお考えでしたら、
大阪ミナミのサンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

Comments

comments

ジャンルから探す

ジャンルから探す

エリアから探す

エリアから探す

トップ