• 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件や店舗物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト
  • 大阪の居抜き物件やテナント物件をお探しならサンアクト

大阪心斎橋の居抜き・貸店舗ならサンアクトにお任せ下さい!

定休日:日曜・祝日・第一土曜日
営業時間 9:00~19:00

大阪市中央区南船場3-6-1 サイプレス心斎橋3F

06-6484-6723

大阪で飲食店を開業!開業にかかる資金ってどれぐらい?

2017年07月22日

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
これから大阪で飲食店を開業したいとお考えの方もいらっしゃるかと思います。
飲食店の開業にかかる費用の内訳は、
まず物件取得や店舗の改装。
そして厨房機器や食器などの備品購入費などが考えられます。
 

 
さらに、チラシを配ったりグルメ検索サイトに登録したりするための資金。
人材を確保するための求人費や人件費も必要です。
そして、飲食店が軌道に乗るまでの運転資金も忘れてはいけません。
 
これらの資金を合わせると、
たとえ小さな飲食店の場合でも総額2,000万円は必要です。
 
ただし物件取得費と改装費は、
開業する物件をスケルトンにするか居抜きにするかによって大きく異なります。
 
スケルトンとは建物のみで、
内装設備などがない状態の物件のことです。
費用はかかるが、いちから店作りができるため、
自由度が高く希望のデザインを反映できます。
 
居抜きとは、前に入っていたテナントの内装や、
設備・什器などが残っている状態の物件です。
内装工事を大幅に軽減できるのがメリットです。
ただし専門業者にきちんと確認してもらわないと、
後から解体や廃棄費用などがかかってしまうこともあります。
素人判断しないように気をつけましょう。
 

 
店舗の規模が同じでも、立地によっても掛かる費用は違ってきます。
まずは、調達しなくてはいけない金額を設定し、
そして自分でいくらまで用意できるか、
借り入れがいくら必要になるか、
客観視することが大切です。

Comments

comments

ジャンルから探す

ジャンルから探す

エリアから探す

エリアから探す

トップ