このエリアの
物件掲載件数NO.1!
只今49件+非公開物件
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜き物件とレジャービルに特化した不動産会社
06-6484-6723
9:00 - 19:00
(定休日:日・祝・第1土曜)
9:00 - 19:00(定休日:日・祝・第1土曜)
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜きとレジャービルに特化した不動産会社
サービス情報
飲食店のはじめましてのオーナー様のスマート開業を全力サポート!お店を閉めたい売りたい方のサポートも!
サン・アクトの強み ご契約後のサポート 閉店のサポート 成約事例 企業情報 代表挨拶 企業理念 会社概要 アクセス スタッフ紹介 サン・アクト スタッフブログ ミナミを愛する社長の奮闘記 物件情報一覧
居抜き物件とレジャービルに特化したサン・アクトの鮮度の高い物件情報!他にはない非公開物件も多数あります!
バー・スナック特集 飲食店特集 賃料10万円以下特集 お知らせ
サポート情報
お役立ち情報 サン・アクト スタッフブログ お問い合わせ
サイト情報
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針 サイトマップ
06-6484-6723
9:00-19:00(定休日:日・祝・第1土曜日)
お問い合わせ

居抜き物件の原状回復義務。どれぐらい?

企業情報

居抜き物件の原状回復義務。どれぐらい?

2018年11月14日

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
新規に店舗経営をする際に多く利用されているのは居抜き物件です。
居抜き物件とは、飲食店や店舗などによくみられる物件ですが、
このような物件では室内の設備や備品などが初めから備わっているのが特徴です。
つまり、このような物件を借りたり、
買ったりすればほんの少しの手直しですぐに店舗営業ができるというメリットがあるのです。
 

 
たとえば、飲食店を開業したい場合、
厨房の設備や内装、食器などの什器を揃えるなど、
初期費用として多額のお金が必要になってきます。
しかし、あらかじめ店舗としての体裁が整っている物件ならば、
設備投資や備品の購入を最小限に抑えることができるので、
少なめの自己資金しかない場合であっても、
すぐに店舗の営業を始めることができるのです。
 
これは店舗の営業をこれから始めようと考えている人にとっては大きなメリットです。
居抜き物件というものは初めから厨房設備や内装、
食器などの什器が備わっています。
ではこのような物件の場合、
入居者はどこまで物件の状態を元に戻す義務を負うのでしょうか。
 

 
店舗による営業を始めるにあたっては、
初めから備わっている設備や内装に手を加えることもあると思いますが、
そのような場合には物件を借りるときに結んだ賃貸借契約以降、
手を加えた部分に関しては撤去、解体が必要になることが一般的です。
ただし、賃貸借契約時に退去時の取り決めが明記されており、
設備や内装などをそのままにしてもいいという条項が記載されているときには、
設備の撤去や解体は必要ありません。
個々の物件に関しては入居時に、
その物件のオーナーに確認を取っておくことを忘れないようにしましょう。

Comments

comments