このエリアの
物件掲載件数NO.1!
只今56件+非公開物件
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜き物件とレジャービルに特化した不動産会社
06-6484-6723
9:00 - 19:00
(定休日:日・祝・第1土曜)
9:00 - 19:00(定休日:日・祝・第1土曜)
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜きとレジャービルに特化した不動産会社
サービス情報
飲食店のはじめましてのオーナー様のスマート開業を全力サポート!お店を閉めたい売りたい方のサポートも!
サン・アクトの強み ご契約後のサポート 閉店のサポート 成約事例 非公開物件について 企業情報 代表挨拶 企業理念 会社概要 アクセス スタッフ紹介 サン・アクト スタッフブログ ミナミを愛する社長の奮闘記 物件情報一覧
居抜き物件とレジャービルに特化したサン・アクトの鮮度の高い物件情報!他にはない非公開物件も多数あります!
バー・スナック特集 飲食店特集 賃料10万円以下特集 お知らせ
サポート情報
お役立ち情報 サン・アクト スタッフブログ お問い合わせ
サイト情報
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針 サイトマップ
06-6484-6723
9:00-19:00(定休日:日・祝・第1土曜日)
お問い合わせ
【GW休業のお知らせ】4月28日(日)~5月6日(月)は休業とさせていただきます。5月7日(火)より、通常営業を開始いたします。※休業中のメールお問合わせにつきましては、随時ご対応させていただきます。

居抜き物件の原状回復義務とは?

企業情報

居抜き物件の原状回復義務とは?

2018年07月20日

みなさんこんにちは^^!

居抜き物件とは、前テナントが利用していた、
造作・設備・什器等がついたままの物件のことです。

通常ですと店舗の場合、
借主は自ら物件に取り付けたものを全て撤去し、
物件を何もない空の状態に戻して、
貸主に返却しなければなりませんが、
もし貸主の承諾が得られれば、
借主は内装や設備を残したまま、
後継者に引き渡すことが出来るようになります。
このような物件の引き渡し方法を「居抜き」と言い、
居抜きで引き渡される物件の事を「居抜き物件」と言います。

原状回復義務とは、店舗物件を契約する際に、
借主が貸主に対して負う義務の事です。

具体的には、
「賃貸借契約が終了して物件から退去する時には、借主は物件を借りた当時の状態に戻して、貸主に返却しなければならない」
というものです。

これは一般に、ほとんど全ての店舗物件において、
入居したら発生する義務であり、
貸主の承諾がない限り借主はこれを免れません。

義務を果たすには、造作物を全て壊し、
撤去し、造作を作る前の状態に工事し直す必要があります。

ちなみに居抜き物件に入居した場合、
前テナントの原状回復義務は次テナントに継承されますが、
ここでいう「原状」とは「引渡しを受けた時点の状態」ではなく、
「造作物がなかった時の状態」にまでさかのぼります。
また、原状とはスケルトンに限らず、
元々事務所物件だったものを店舗として改装した場合は、
入居した当時の事務所仕様に直す必要があります。

Comments

comments