このエリアの
物件掲載件数NO.1!
只今63件+非公開物件
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜き物件とレジャービルに特化した不動産会社
06-6484-6723
9:00 - 19:00
(定休日:日・祝・第1土曜)
9:00 - 19:00(定休日:日・祝・第1土曜)
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜きとレジャービルの飲食物件限定の不動産屋
サービス情報
飲食店のはじめましてのオーナー様のスマート開業を全力サポート!お店を閉めたい売りたい方のサポートも!
サン・アクトの強み ご契約後のサポート 閉店のサポート 成約事例 非公開物件について 企業情報 トップメッセージ 企業理念 会社概要 アクセス スタッフ紹介 スタッフブログ ミナミを愛する社長の奮闘記 物件情報一覧
居抜き物件とレジャービルに特化したサン・アクトの鮮度の高い物件情報!他にはない非公開物件も多数あります!
バー・スナック特集 飲食店特集 賃料10万円以下特集 お知らせ
サポート情報
飲食店開業の耳寄り情報 スタッフブログ - 飲食店の目からウロコ お問い合わせ
サイト情報
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針 サイトマップ
06-6484-6723
9:00-19:00(定休日:日・祝・第1土曜日)

居抜き物件の契約の際の、造作譲渡料とは?

企業情報

居抜き物件の契約の際の、造作譲渡料とは?

2017年11月24日

みなさんこんにちは^^!

造作譲渡料とは、
居抜き物件に残されている内装、厨房設備、空調設備、
什器などの設備を新たな借主が買い取るための費用のことを指します。

費用は設備の内装の性能や使用年数ではなく、
その物件の価値(立地や集客力)によって設定されます。

居抜き物件を契約する際は、
貸店舗のオーナー側と結ぶ賃貸借契約とは別に、
前の店舗の事業主(内部造作の所有権者)とのあいだで、
造作買取の契約を結ぶ必要があります。

これは、事業の一部またはすべてを他社に売却することにあたり、
法律上では事業譲渡(営業譲渡)にあたります。
造作譲渡には、造作買取の他に、
内部造作の所有権がリース会社や貸主に移行しているケースがあります。

リース会社に所有権が移っている場合、
内部造作や設備を使用する場合は、
別途リース会社とリース(サブリース)契約、
または業務委託契約を結ぶ必要があります。

また、所有権が貸主に移っている場合は、
無償で貸与されるケースもあります。
この場合の注意点として、リースまたは無償貸与されている造作を解体、
新設する場合は、事前に所有権者と交渉する必要があります。

Comments

comments