このエリアの
物件掲載件数NO.1!
只今63件+非公開物件
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜き物件とレジャービルに特化した不動産会社
06-6484-6723
9:00 - 19:00
(定休日:日・祝・第1土曜)
9:00 - 19:00(定休日:日・祝・第1土曜)
大阪ミナミの心斎橋エリアで
居抜きとレジャービルの飲食物件限定の不動産屋
サービス情報
飲食店のはじめましてのオーナー様のスマート開業を全力サポート!お店を閉めたい売りたい方のサポートも!
サン・アクトの強み ご契約後のサポート 閉店のサポート 成約事例 非公開物件について 企業情報 トップメッセージ 企業理念 会社概要 アクセス スタッフ紹介 スタッフブログ ミナミを愛する社長の奮闘記 物件情報一覧
居抜き物件とレジャービルに特化したサン・アクトの鮮度の高い物件情報!他にはない非公開物件も多数あります!
バー・スナック特集 飲食店特集 賃料10万円以下特集 お知らせ
サポート情報
飲食店開業の耳寄り情報 スタッフブログ - 飲食店の目からウロコ お問い合わせ
サイト情報
サイトのご利用にあたって 個人情報保護方針 サイトマップ
06-6484-6723
9:00-19:00(定休日:日・祝・第1土曜日)

店舗売却にかかる税金別、閉店コスト削減方法!

企業情報

店舗売却にかかる税金別、閉店コスト削減方法!

2017年01月28日

 

みなさんこんにちは^^!

 

経営不振で店舗売却する場合だけでなく、
家族の事情、健康上の理由、あるいは、事業を法人化するためなど、
個人事業を廃業する事例はさまざまです。

 

個人事業主が廃業をするには、
所轄税務署と管轄の都道府県税事務所に廃業届けを提出します。

 

 

また、お給料を払っている場合や消費税の課税事業者の場合、
青色申告をしている場合には、それぞれの手続きが必要です。

 

なるべくなら閉店に伴う税金などのコストを削減したいですよね。

 

①青色申告の取りやめ届出書の提出

 

事業を廃止する以前に、青色申告で確定申告をしていた場合には、
「青色申告の取りやめ届出書」をあわせて提出します。

 

②事業廃止届出書の提出

 

消費税に関する手続きです。
事業を廃止する以前に、消費税を支払っていた個人事業主は、
「事業廃止届出書」を提出しなければなりません。

 

③給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出書の提出

 

源泉徴収に関する手続きです。
廃業する個人事業主が、事業専従者や従業員に給与を支払っている場合には、
所轄税務署に「給与支払事務所等の開設・移転・廃止の届出書」を提出します。

 

④所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請書を提出

 

予定納税をしている個人事業主が廃業することになり、
予定納税額が多すぎることが予想される場合、
予定納税額の減額を求めることができます。
この場合、「所得税及び復興特別所得税の予定納税額の減額申請書」を、
所轄税務署に下記の期間に提出することになります。

 

 

店舗売却に伴い、バタバタすることが考えられますが、
提出する書類を念頭に置き、コスト削減を忘れずに、
お手続きをすすめてくださいね。

Comments

comments