居抜き物件の契約書の注意点は?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
居抜き物件を契約する前に、居抜き物件の現状をよく確認しておきましょう。
居抜き物件の場合は内装や什器備品ごと譲り受けるケースが多いですが、
譲り受ける予定の物品が壊れていないか、
また料金が支払い中でないかなど状況をしっかり確認しておきましょう。
 

 
また、居抜き物件を契約する時、
借りる側としては2つの契約を結ぶ必要があります。
1つは物件のオーナーと契約する賃貸契約、
2つ目は前の物件の借り主と契約する居抜きに関する造作譲渡契約です。
契約に関して不明なところがないように、
前借り主や物件のオーナーとよく打ち合わせを行うようにしましょう。
 
物件オーナーと交わす賃貸契約でもいくつか注意すべき点があります。
まずはオーナーの譲渡許可を確認しておきましょう。
物件のオーナーが知らないところで、
前の借り主が居抜き物件売却の話を進めていた場合はトラブルの元になります。
 
また、居抜き物件購入後に自分が他の人に物件を、
売却したい場合の項目も契約書に盛り込んでおくと良いでしょう。
契約時には考えにくいことではありますが、
解約内容は具体的に確認しておく必要があります。
 

 
原状回復義務がある場合、
店舗設備はそのままなのかスケルトンにするのかをはっきりとさせておきましょう。
賃貸契約の解約を申し出る場合の猶予期間や途中解約時の違約金についてなど、
解約時の契約項目はのちのちトラブルになりやすいところなのでよく打ち合わせをしておきましょう。

スタッフブログカテゴリの最新記事