飲食店に使える求人広告は何か|大阪難波/心斎橋の飲食居抜き貸店舗専門営業マンのブログ

NO IMAGE
皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を
熱く応援する不動産営業マンの木村です。

飲食店をこれからオープンするために新規スタッフが必要な方、

現在営業中でスタッフを増員したい方、急なスタッフの退職で
補充したい方、などなど飲食店を運営するにあたり「人材」は

最も大切な要素ですね。

 

そこで求人広告をどのように活用すればよいか、

専門家にいろいろと役立つ情報を聞かせていただきました。

まずは最近の世の中の大きな流れを見ると、

ざっくりですが「超人不足時代」のようです。
ある機関が行った人材不足に関するアンケートによると、
6割を超える企業が「不足している」と答え、
「不足はない」の3割を大きく上回りました。
なかでも「宿泊・飲食業」業界は深刻で8割を超える
企業が人材不足に喘いでいるという結果が出ています。
また、その求める人物像についても特徴が表れており、
「中堅層、専門家」など即戦力を欲している企業が

6割を超えています。

人口は減っていく一方なのに、社会の産業やサービスが多様化し

働く場所も昔と比べて格段に増えているからではないでしょうか。
いざ人材を募集したい時、やはり身近にあるのが「求人広告」ですね。
求人広告の人気順はというと(地域性や業態によりますが)
タウンワーク/バイトルが高く、an/LINEバイト/マイナビが
続いているようです。
バーやスナックなどの「ナイト系バイト」には
バイトル/an/フロムエーの人気が高いようです。
費用に関しては、各サービスごとに強みや特徴があるため
簡単には比較はできませんが、やはり求人にかける費用が

高いほど効果は得られる傾向にあるようです。

専門家の方の意見ですが、例えば1回の求人にかける費用が

2万円の時の成果を「1」とすると、5万円以上かけた時の成果は
「4~5」になるとのこと。
違いはその求人の「露出度」です。
「費用があがれば露出度もあがる」ということですね。

お店の繁盛のためには人材は欠かせない要素です。

 

ご自分のお店にとって最も効果的な「求人方法」は何か。
困った時は広告代理店に相談してみるのもよいのではないでしょうか。

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しなら

サン・アクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事