居抜き物件のリフォームのポイントは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
店舗をオープンすることは、
実質的な経営が開始されることを意味します。
趣味でお店を持たれる方以外、
ほとんどの方がその店舗の経営によって生計を立てる訳ですから、
全てのことに真剣に向き合う必要があります。
 

 
経営者の手腕が試される第一段階として、
オープン前の貸店舗のリフォーム・リノベーションが挙げられます。
このリフォーム・リノベーションを検討するにあたり、
大切なことは「マーチャンダイジング戦略」といわれるものです。
 
これは、消費者の欲求・要求に適う商品を、
適切な数量、適切な価格、適切なタイミング等で、
提供するための戦略のことを指します。
ですが、この部分が明確になっていないと、
いくらリフォーム・リノベーションを実施しようとも、
理想的なお店の実現が難しいでしょう。
 
そこで、まずはお店のコンセプトを決めてみましょう。
たとえば、喫茶店を開業するにしてもどのような雰囲気の店にするのか、
どのような顧客層を対象とするのか、
どれくらいの価格帯の商品を提供するのかは、
同じ喫茶店でも様々に分かれます。
そういった、大雑把な方針やイメージを「コンセプト」として定めます。
この「コンセプト」に基づいて、
「マーチャンダイジング戦略」を組み立てると、
自ずとハードとしてのお店の外装・内装や設備、仕様が決まってきます。
 

 
実際に、お年寄りの顧客中心であればバリアフリー設計にしよう、
品数豊富で商品の取り揃えが多い店であれば多くの商品を在庫できるバックヤードを設けよう、
などの事例があります。

スタッフブログカテゴリの最新記事