居抜き物件の改装費用でいちばん費用がかかるのは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは!

結論から言いますと、改装工事でお金が掛かる

ポイントは何かと言えば、基本設備工事費です。

 

具体的に言えば、電気工事・ガス工事・水道工事

空調工事・排気工事で、これらが改装工事費の

多くを占める項目です。

これらの工事費がかからない物件、
すなわち「居抜き物件」を選定すれば改装費用を安く抑えることができます。
多くの方が、お店のカウンターテーブルや椅子などの備品を、
居抜き物件におけるメリット、主な設備とみなしがちです。

勿論、それらが再利用できるに越したことはありませんが、
前述したような、電気・ガス・水道・空調・排気にかかる工事が省ければ、
コストパフォーマンスはより高いものとなります。

店舗を探す場合には、電気・ガス・水道などの、
基本設備が特に重要になることに留意してください。

動力が十分ではない店舗では機械が作動しませんし、
火力が足りない飲食店では商品の調理ができず致命的となるからです。
基本設備は店舗では営業の生命線です。

また、居抜き物件を調べる際に特に注意したい点は、その規模です。
同じ業種でも規模が違えば、電気・ガス・水道・空調・排気の容量が違います。
もしこれらの容量が足りないような事態になれば、工事が必要となります。
これらの工事は床や壁などの「はつり」工事も必要となる場合が多く、コストがかさみます。
よって、安易に従前利用が同じ業種という事だけで判断せず、
その規模までしっかりと確認するようにしましょう。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事