大阪人のカレー好き|ミナミ/心斎橋の飲食居抜き貸店舗専門営業マンのブログ

NO IMAGE

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する不動産営業マンの福地です。
大阪ミナミ、東心斎橋1丁目の吉春ビル2階に昨年オープンした「飲み屋L.I.R」さんで出されたお通しの「キーマカレー」が絶品でした。
スプーン1杯ほどのキーマカレーにレタスが添えられていて、お店のメインドリンクであるレモンサワーの酸っぱさとの相性が絶妙でした。

ミナミのBARやスナックでも店主さん自慢のカレーを用意してる所があります。大阪人はホンマにカレー好きですね。
カレーの歴史を見ると明治時代に日本に入ってきたようです。
初めてカレーを見た日本人は抵抗を感じる人が多かったけど、新しもの好きの大阪人はカレーに飛びつき、いち早く普及したそうです。
 
ミナミで有名な自由軒のカレーは1910年創業。
大阪の洋食店の草分け的存在で、ご飯にカレーを混ぜて生卵をのせるカレーが人気です。
初めてカレー粉を国産化したのも大阪の会社。
戦後に固形のルウを全国に広げたのも、大阪のハウス食品、「バーモントカレー」が有名です。
初めてレトルトの「ボンカレー」を作った大塚食品も大阪の会社です。
カレー好きの大阪人を満足させるため、専門店も知恵を絞り大阪人の味覚に合った味を追求。大阪は地場のチェーン店がひしめく全国有数の激戦区です。その味の特徴は「甘さ」かもしれません。
 
人気チェーン店に共通するのは「最初は甘く感じるが食べ進むうちに辛くなる味」。
店によって辛さに違いはあるものの、最初に甘さがくる点は同じ。大阪では辛いだけの単調な味はうけないのです。
 
なぜ大阪人は甘さを求めるのか。
それは特有の「だし文化」が深くかかわっているよです。
「甘いカレーはお好み焼きなどで慣れ親しんだソースの味に似ています。大阪ではカレーにソースをかけて食べる習慣が残り、ソースの甘さやコクがカレーの味を引き立てるのでしょう。
 
大阪で飲食店開業を考えられている方は、裏メニューの1つとして、世界に1つだけのオリジナルカレーを考案してみるのも面白いかもしれませんね。
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせ下さい☆

スタッフブログカテゴリの最新記事