バーやスナックなど飲食店で【客単価を上げるコツ】について解説

NO IMAGE

みなさんこんにちは!

 

ミナミに繁盛店を増やし!景色を変えたい

店舗専門不動産営業マンの平松です♪

 

今月は、【客単価を上げるコツ】についてお届けしたいと思います!

 

お店の売り上げは『客単価×客数』ですが、

どちらも何もしないと上がりません。

 

今回は、照明についてお届けしたいと思います。

 

照明の色温度の効果ってご存知ですか?

 

色温度とは、光の色を表す尺度のことで、単位はK (ケルビン)です。

 

光の波長を表すナノメートルや、照度を表すルクス等とは全く違うものになります。

 

このケルビンの数値が低いほど暖かみのある色となり、

高いほど涼しげな色の光となります。

 

例えば、ろうそくの光や白熱電球の光、

夕陽や朝日などの色温度は2000~3000K 、

昼間の太陽光が5000K 、白昼色の蛍光灯が5500K と

言われています。

 

蛍光灯の中でも、昼光色といわれる色は6500K 位です。

 

室内照明でいえば、一般的なオフィスなどの照明の色温度は5500K、

雑貨店は4000K 、薬局などが6500Kだと言われています。

色温度には、料理の見え方や店の雰囲気に様々な影響を

与える重要な要素だそうです。

・色温度が高い光の効果

色温度が高いスッキリとした光は、人の集中力を高める色と言われています。

 

そして、清潔感を感じさせる効果もあります。

 

・色温度が低い光の効果

 

色温度が低い暖かみのある光は、人をリラックスさせる効果があります。

とくに、夕陽のような赤みのある暖かい色はリラックス効果が高いと

言われています。

 

そして、暖かみのある色は料理をより美味しそうに見せ、

食器やカトラリーを美しく見せる効果もあります。

 

特に白熱電球の光で低い位置から食卓を照らすと、

料理に綺麗な陰影をつけて盛り付けや食材の色を

より美しく見せてくれると言われています。

 

テーブル周りの客席の照明は、料理を美味しそうに見せる

2000K ~3000K の色温度がベストです。

 

温かく柔らかい光はリラックス空間の演出もできますので、

料理が美味しそうに見えるだけでなく「またあのお店に行きたい」と

思わせる効果も期待できます。

 

との事ですので、ぜひ、リラックスしてお食事やお酒を

楽しんでいただくひと工夫に照明の色温色にもこだわって

みてはおかがでしょうか?

 

次回も、一工夫で、【客単価を上げるコツ】について

お届けしたいと思います!

 

ミナミ心斎橋エリアで初めてバーを開業される方は

ぜひサンアクトへご相談ください(^^)v

 

LINEからのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサンアクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事