飲食店2019どうなる?|ミナミ・心斎橋の飲食居抜き貸店舗専門営業マンのブログ

NO IMAGE

皆さんこんにちは。
ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する
不動産営業マンの福地です。

昨年(2018年)の外食市場全体の動きは

どうだったのでしょうか?

ある調査機関の発表によると前年比2.3%増。

全体的に良かったと言えますが業態別でみると

「居酒屋」は10年連続で売上、客数ともに減少でした。

 

2018年は2017年に比べて売上高が102.3%、

店舗数100.4%、客数100.8%、客単価101.5%と、

その全てが少しずつ上回っていて、

売上は4年連続で前年を超える結果となったようです。

 
業態別だ好調だったのは「ファーストフード」。
売上が103.3%、店舗数100.4%、客数101.7%、
客単価101.5%とどれも前年を上回っていて、
売上は3年連続の前年越えとなりました。
ミナミでも参入がとても増えている「焼肉」は
売上105.6%と全体でみても最も好調な業態です。
 
逆に苦戦中なのが、「居酒屋」。
売上98.5%、店舗数98.3%、客数98.8%、
客単価99.6%と減少傾向でした。
売上、客数に至っては10年連続で前年を
下回ってしまっています。
 
全体的には好調が続く外食業界ですが、
2019年は消費税増税や軽減税率導入、
TPP発効など、仕入れや提供価格に影響を
与える制度も多く導入予定です。
 
①「外食需要は増えている」
②「客数増える売上あがる」ではなく
③「特色ある愛されるオンリーワンのお店作り」
 
繁盛店にするには、やはり他店とは違う
「オンリーワン」をつくることが
必要不可欠だと思います。
 
個人オーナーの居酒屋さん、
全体的なマイナス市況に抗い、
まずは前年超えの売上を今年も目指して
頑張りましょう!
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせください☆
http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事