飲食店の営業許可ってどうするの?申請は保健所へ行きましょう!

飲食店の営業許可ってどうするの?申請は保健所へ行きましょう!

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する不動産営業マンの福地です。

「飲食店営業許可とは?」

 

 

飲食店営業許可とは、保健所より得られる許可で、

食品衛生法で定められているものです。また保健所の審査は、

各自治体の食品衛生法関連条例に基づいて行われます。

そのため自治体によって必要書類や手数料などが違ってきます。

ちなみに「ミナミ」「心斎橋」のある大阪市は、

いわゆる「飲食店」の場合の申請手数料は16,000円+諸経費です。

 

絶対駄目なことですが、認可を得ずに営業をしてしまうと、どうなるのでしょうか?

飲食店営業許可を取得せずに営業をしたり、更新をせずに放っておいた場合の罰則は、

営業許可基準や期間に関する違反であれば、200万円以下の罰金又は2年以下の懲役となります。

営業許可申請の手続きや流れは、

①開業計画
まずは、どんなお店にするのか具体的に計画しましょう。

②申請書類の作成・申請
保健所で営業許可申請書類をもらい、必要事項、店舗図面を作成し提出、申請をします。

③立入検査
店舗が申請内容や条例で定められた施設基準に適合しているか、

保健所の職員さんが現地にて確認します。店舗のオーナーさんは立ち会う必要があります。

④営業許可書の受取
連絡があったら保健所へ行って交付を受けます。

営業許可の他に「食品衛生責任者の設置」も必要です。

1店舗につき1人必要なので複数店舗の食品衛生責任者を1人で兼務することはできません。

「食品衛生実務講習会」を受講しましょう。

 

このように、飲食店開業には法律や条例で定められた許可申請が必要です。

物件探しをする際から不動産屋さんに質問しておいて、物件が見つかったあとのことも考えておきましょう。

そうすることで、お店の「最速最短でのオープン」、その後の「繁盛」を目指しましょう!

 

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせください☆
http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事