本当に普及するのか?日本人のキャッシュレス利用頻度は?

本当に普及するのか?日本人のキャッシュレス利用頻度は?

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する不動産営業マンの福地です。

 

 

飲食店のお会計を現金で支払う習慣が

根強い日本は、世界的なキャッシュレス化の

流れに遅れをとっています。

世界基準になりつつあるキャッシュレス化の

流れに乗り遅れないために、新しいお金の流れや

仕組みを知っておきましょう。


キャッシュレスとはどんなもの?

 

「キャッシュレス」とは、「現金を使用しない」取引方法です。

 

キャッシュレスにはどのような種類があるのか?

 

クレジットカード、銀行口座振替、デビットカード、QRコード決済、交通系ICカード、Edyなどの電子マネー、などがあります。

 

このように、「キャッシュレス」な取引方法は、

私たちの生活にも馴染みあるものばかりですが、

日本は諸外国に比べて、キャッシュレス化が遅れています。

 

なぜ、日本は世界に比べてキャッシュレス化が遅れているのか?

 

経済産業省によれば、クレジットカードや

電子マネーなどのキャッシュレス決済は

2008年の11.9%から2016年は20%まで増加しました。

しかし、2015年のキャッシュレス決済について

諸外国と比べると、18.4%の日本に対して、

アメリカ45%、中国60%、韓国89.1%となっており、

日本が大きなな後れを取っていることがわかります。

 

 

諸外国のキャッシュレス事情はどうか?

 

なんと!スウェーデンでは7歳からカード決済ができる!

スウェーデンは銀行が主体となってキャッシュレス化を

図っているため、ほとんどの銀行窓口では現金のやりとり

ができなくなっています。

どんな小さなお店でも基本、

現金の取り扱いをしないのだそうです。

 

中国ではスマホ利用者の約98%が

モバイル決済を利用しているそうです。

 

中国で主流のモバイル決済の方法は、

スマホアプリとQRコードを利用したものです。

送金サービスのアカウントがあれば、

特別な審査なしで決済することが可能。

スマホアプリとQRコードを使った決済システムは、

非常に簡単な仕組みのため、いろいろな業態のお店で

導入が進んでいます。

 

このように、世界基準となりつつあるキャッシュレス化の

流れに遅れまいと、2017年に日本政府が掲げたのが、

キャッシュレス決済比率を今後10年間で40%まで

増やすという目標。

2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、

多くの外国人旅行者が増えることなどを見込んで、

宿泊施設や一般店舗にカード決済端末設置を働きかけ、

日本全体でキャッシュレス化を勧めていこうとしております。

 

キャッシュレス化のメリット、デメリット

 

【キャッシュレスのメリット】

 

① 現金を持ち歩かないので安全

 

② ポイント還元、ポイント使用が簡単

 

③現金を管理するコスト(時間、人件費等)の削減

【キャッシュレスのデメリット】

 

①決済手数料がかかる(お店の負担)

 

②会計簡略化により、お店側とお客さんのコミュニケーションが減る

 

 

この先のキャッシュレス化が、飲食業界を大きく変えるかもしれません。

 

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせください☆

http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事