飲食店のメニューの盛り付け方を工夫してSNSで集客する方法

飲食店のメニューの盛り付け方を工夫してSNSで集客する方法

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を

熱く応援する不動産営業マンの福地です。

 

 

SNSを使ったお客さんの良い口コミが

広がることは、お店にとって新規の

集客を行うために重要な要素となっています。

 

特に女性は、SNSを使って料理などの写真を

シェアすることに積極的ですので、

女性に興味を持ってもらえるメニューを

創作することが、口コミを広げるための

大きなポイントとなります。

 

サイドメニューを工夫


SNSでシェアされる料理は、多くがお店の

メイン料理ですが、メイン料理だけではなく、

サイドメニューやドリンクなどにも工夫を

凝らしてシェアされる料理を増やしてみましょう。

 

それにより、来店する目的となるメニューが増え、

常連さんでもいつもと違った内容の口コミを

してくれるようになります。

 

さらにそれらを見た新規客の

来店機会も増やせるでしょう。

 

デザートにも工夫

 

メイン料理と同じく、シェアされることが

多いデザートについては、利用している

材料や盛り付け方に気を使っている

飲食店も多く見られます。

 

盛り付けを意識する

 

デザートと同じように、お通しやサラダ、

一品物についても盛り付け方に工夫を

することで、SNSにシェアされるような

料理にしていきましょう。

 

SNSで料理をシェアすることが多い

女性がよく注文するサラダについては、

特にこの取り組みの効果が期待できる料理です。

 

野菜が持つさまざまな自然の色彩が

食欲をそそり、なおかつおしゃれで

フォトジェニックを意識した盛り付けが可能です。

 

これまで利用してきた食材のままで

アレンジすることができる点からも、

取り組みやすいのではないでしょうか。

 

「高さ」「余白」「彩り」

 

お皿への盛り付け方については、

「高さ」「余白」「彩り」を意識すると良いでしょう。

 

 

「高さ」は、お皿に盛り付ける際に上へ上へと

盛って行くことで、作ることができます。

 

 

立体感を出すことで料理にボリューム感がでるため、

おしゃれで美味しそうに見える盛り付けのテクニックです。

 

お皿の余白を活用

 

また、お皿に盛り付ける際に「余白」

を作ることも、見た目に影響を及ぼします。

 

計算された「余白」は高級感を与える

効果があります。

 

サイドメニューであっても、

ただの付け合せではなく

1つの料理として認識してもらえる

料理に変わります。

 

そして、「彩り」については野菜や

フルーツ、ソースやドレッシングの

色を盛り付けに活かすことがポイントです。

 

ワンポイントの演出

 

お通しやサラダなどを、ただお皿に乗せて

提供するだけでなく、差し色になる食材を

ワンポイントとして入れていくことで

華やかさを出すといった方法です。

 

このように、食材の調理方法や盛り付け方に

工夫をすることでサイドメニューやデザート

ドリンクなどもメイン料理と同様に、

来店客の目を引き、SNSなどを利用して

写真が投稿されるようになる可能性が高まります。

 

また、リピーターにとっても来店の度に目を楽しませてくれる

料理や、ドリンクができることで来店頻度があがることや写真を

投稿することへのモチベーションにつながります。

 

メイン料理だけではなく、サイドメニューにも

魅力を感じてもらえるような調理方法や

盛り付け方を行うことによって、

リピーターの獲得が期待できます。

 

何度も来店してもらえるからこそ

気付く盛り付け方の変化などが提供できれば

口コミやSNSへの投稿をしてもらう

機会もつくることができます。

 

飲食店のメニューを工夫してSNSで集客する方法まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

変化に敏感で、SNSも積極的に利用する

女性向けをターゲットに、おしゃれで

オリジナリティー溢れる盛り付けを

始めてみてはいかがでしょうか。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事