飲食店の集客力UPの秘訣は「ターゲット」を絞ること

飲食店の集客力UPの秘訣は「ターゲット」を絞ること

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を

熱く応援する不動産営業マンの福地です。

 

 

飲食店で、売りたい商品と売れる商品が

同じという状況は、最も理想的でしょう。

 

しかし、必ずしもそうなるとは限りません。

 

現実には理想を追うばかりではなく、

確実に売り上げにつなげなければなりません。

 

自店が本当にオススメと言えるメニューは何なのか。

 

それを選んでくれるお客様はどんな人なのか。

 

ターゲットを絞って、集客に繋げていく方法を

考えてみたいと思います。

 

売る相手を明確にする

 


売るべき商品と売るべき相手を明確にする

 

自分の店の看板メニューは何なのか考えてみましょう。

 

例えば海鮮居酒屋なら日本酒と新鮮な海の幸。

 

気軽なイタリアンでチーズが自慢のパスタ。

又は「看板商品は私の喋り」でもいいでしょう。

 

このように自分の店が何のお店なのかを

しっかりと明確に認識することが大切です。

 

 

客層をリサーチ

 

次に、自分の店のあるエリアにはどのような客層が

多いのかリサーチしてみましょう。

 

お客としてリサーチ

 

具体的な方法として、自店以外の飲食店に、お客様として

来店してみるというやり方があります。

 

自店と同じ業態だけではなく、様々なタイプの飲食店を

調査することでどのような客層がいるのかがわかるでしょう。

 

時間帯でリサーチ

 

更に、時間帯でリサーチすることも有効です。

お客様は17時から入店されるなのか、

18時半以降から賑わうのか。

 

ペルソナを設定

 

具体的で理想的な消費者像の設定

「ペルソナ」で販売戦略を練る

 

次に、ターゲットとなる「ペルソナ=明確なターゲット」を設定します。

 

年齢、性別、居住地、職業や勤務先、年収、家族構成など

具体的な部分まで設定します。

 

 

ペルソナの具体例

 

(例)自分の店のペルソナ

 

◆33才独身女性

◆心斎橋の百貨店でアパレル勤務7年

◆年収450万円

◆西区南堀江に住んで約3年

 

あたかも実在するかのようなリアルな人物像を、

看板メニューを選んでくれるもっとも象徴的なモデル、

ペルソナとして設定します。

 

そして、このペルソナがどのような商品やサービスを求めているのか、

又は最も喜んでくれるのかを想定し、販売戦略を練ることが大切です。

 

売るべきお客様を明確に設定して、一貫した商品イメージや

メッセージを投げかけることで、集客に繋げていきましょう。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事