家主さんがテナントとしての「飲食店」出店を嫌がる理由とは

家主さんがテナントとしての「飲食店」出店を嫌がる理由とは

皆さんこんにちは。

ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する

不動産営業マンの福地です。

 

飲食店を出店するにあたり物件を探している時に

「いい物件があったけど飲食店として貸してもらえない」

というケースがあります。

 

なぜ家主さんや管理会社さんから

「飲食店はNG」

と言われてしまうのでしょうか?

その背景を知って、「飲食店でも問題ない」

ということを家主さんへ伝えることにより

物件を契約できる可能性を上げてほしいと思います。

家主さんが飲食店をなぜ嫌がるのか

家主さんは自分の所有する建物を

テナントさんにはきれいに使ってほしい

と思っています。

飲食店が嫌がられる理由①建物が汚れる

「重飲食」と言われる、焼肉、焼き鳥

ラーメン、カレーなどの業態が

特に家主さんからは敬遠されます。

重飲食とは

主に匂いや煙、油などが調理の際に多く発生する

料理のことを指します。

重飲食店出店の際の注意点

油が原因で排水口が詰まったりしないように

グリーストラップを設置したり

調理の際に出る匂いや煙が近隣にいかによう

排気ダクトを建物屋上まで設置したりすることで

建物をきれいに保つことができる

ということを家主さんへアピールしましょう。

飲食店が嫌がられる理由②クレーム

1階に飲食店が入っているような建物などで

よくあるケースですが、空中階の住民から

家主さん・管理会社にクレームが入る

ことがあります。

害虫の発生によるクレーム

常に食品を扱う飲食店があると

店舗の衛生状態にもよりますが

どうしてもゴキブリやネズミが発生しやすくなります。

そういった要因があることから

家主さん・管理会社が飲食店を嫌がるケースが多々あります。

匂いによるクレーム

重飲食のなかでも特にラーメン店や焼肉店などは

匂いが発生してしまう業種であることから

「洗濯物が干せなくなった」

などのクレームが近隣住民から発生することがあります。

騒音によるクレーム

例えば深夜まで営業を行う店舗の場合は

治安の悪化を懸念する声も近隣よりあがります。

店先にお客様がたまっていたり

話し声、騒ぎ声などが原因でクレームが発生するケースもあります。

 

この場合は営業時間を短くすることで

解決できることもありますが

飲食店としては営業時間の短縮は

望ましい解決方法ではないでしょう。

家主さんがテナントとしての「飲食店」出店を嫌がる理由とは、まとめ

ミナミ心斎橋で飲食店を出店する際

家主さんや管理会社さん

同じ建物の住人や他のテナントさんに対して

 

匂いや煙、油など飲食店特有の問題は

きちんと対応したうえで入居するので

「飲食店が出店しても問題ない」

ということをアピールしましょう。

 

そうすることで、元々「飲食店NG」

と言われている建物でも入居ができる場合もありますので

諦めずに弊社のような「店舗専門不動産会社」へ

お気軽にご相談ください。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

 

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

メールからのお問い合わせはこちらから

サンアクトでご成約いただいたお客様の声

スタッフブログカテゴリの最新記事