グリストラップの清掃|ミナミ心斎橋の飲食居抜き貸店舗専門営業マンのブログ

NO IMAGE

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する不動産営業マンの福地です。
 
カフェやバー業態などを除き、本格的な調理を行う飲食店においては、グリストラップという油水分離阻集器が備わっています。

 
グリストラップとは、正式にはグリース・トラップ(Grease trap)という名称で、その名の通りGrease(油)をTrap(罠)にかけることで油の流出を抑えるための装置です。
下水に油を直接排出しないということが最大の目的ですが、虫や動物の侵入阻止・悪臭防止・排水の逆流防止などの目的もあります。
 
グリストラップは、キッチンからの排水をバスケットで受け止めて残飯などを取り除いた後に、水と油の比重差によって油脂分を浮上させ、表面に溜めることで油を取り除きます。
バスケットに溜った残飯は生ごみ扱いのため事業系一般廃棄物として処理ができますが、グリストラップに溜った油脂分は産業廃棄物として、産業廃棄物処理業者に処理を依頼しなければなりません。
 
グリストラップ自体の清掃は飲食店スタッフでも行うことができますが、時間がかかることと隅々までキレイに清掃することは難しいため、あまり現実的ではありません。
また、油脂分・沈殿物・汚泥の処理は費用をかけて産業廃棄物処理業者に委託しなければなりません。
 
なぜグリストラップの清掃を怠ると悪臭がするのでしょうか?
 
グリストラップ自体には排水の浄化機能がないため、水面に溜った調理により酸化した油脂分やバスケットに溜った生ごみが腐敗し悪臭を発生させると共に、バスケットの網目から漏れた細かいゴミがグリストラップの底に溜まり、ヘドロのような汚泥になります。
 
このように酸化した油脂分や腐敗した汚泥からひどい悪臭がするのです。
 
おいしい料理やお酒を提供する飲食店において「お店の中がゴミのようなニオイがする」ことはお客様を遠ざけ、売上ダウンにつながってしまいます。
このような事態を招かないためにはグリストラップの清掃をし続けなければなりません。
 
とは言っても、飲食店スタッフができるのは毎日の営業終了後にバスケットの清掃を行うことと、週に1回程度、網を使ってグリストラップに浮かんでいる油脂分を除去する程度のことしかありません。
グリストラップの底に溜まった汚泥や排水トラップ内の清掃は、グリストラップ清掃の専門業者に委託をして行ってもらう以外に道はないでしょう。
 
では、どれくらいの頻度でグリストラップの清掃を外部業者に委託したら良いのでしょうか?
一般的な飲食店では3ヶ月に1度くらい、揚げ物がウリの居酒屋などでは毎月1回くらいの頻度で清掃を委託されることをおすすめします。
グリストラップの底に溜まった汚泥をそれ以上の期間放置してしまうと、悪臭が発生してしまう可能性が高いからです。
 
また、汚れを長期間放置してしまうと排水管が詰まり水が流れなくなってしまうなどの問題も引き起こしかねません。
グリストラップの清掃を怠ることにより「本日は排水トラブルのためお店をお休みします。」などという張り紙をしなければならない状態を作らないためにも、定期的に清掃業者に清掃を委託しましょう。
 
グリストラップの清掃を怠ると、悪臭が発生するだけでなく害虫なども発生しやすくなるため、衛生管理面でも好ましくありません。お客様にご贔屓にしていただける飲食店をつくるためにも、毎日しっかりとバスケットの清掃を行い、頻度高く清掃業者に清掃を委託しましょう。
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせください☆
http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事