12月の宴会シーズン|ミナミ心斎橋の飲食居抜き貸店舗専門営業マンのブログ

NO IMAGE

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を熱く応援する不動産営業マンの福地です。
 
早いものでもう年末ですね。
忘年会・新年会と続くこの宴会シーズンは、1年の内で最も飲食店が稼げる時です。もうしっかり準備はできていますか?

2019年12月のカレンダーを見てみると、13日と20日の金曜日に忘年会の予約が最も多く入ると思われます。
居酒屋など、大人数による宴会予約が見込める飲食店では、この2日間だけは予約を調整して、ディナータイムだけで3回転させられるようにしましょう。
 
普段夜の部は17時からオープンしているお店でも、年末だけは16時からのオープンにして、予約を取ることを試みましょう。
16時から、18時30分から、21時からの宴会予約を取れば、ディナータイムだけで3回転させることができます。
16時からと21時からのご予約者には少し特典をつけるなどすれば、案外予約は獲得できるものです。
 
「忘年会・新年会シーズンは2週間前までの宴会ご予約で全員に〇〇をプレゼント。さらに16時からと21時からの宴会ご予約者には△△も無料でお付けします!」
などの告知POPを1日でも早く店内に貼りだしておくことで、3回転を実現できるようにしましょう。
 
宴会ご参加のお客様にリピートをしてもらうために おすすめなのが、
「宴会の当日以降に、自店のことを思い出してもらえるような仕掛け」
を施しておくことです。
 
例えば、忘年会のお客様には「お年玉」をお配りしましょう。
もちろん普通にお金を封筒に入れてお渡しするのではなく、翌日以降から使えるお得なチケットをお渡しするのです。
お得なチケットとは、普通の割引券ではなく、人気メニューである「〇〇無料試食券」としておくのが良いでしょう。
 
「宴会の忙しい時でもこの店の店員さんはしっかりと対応してくれたし、料理もおいしかったし、また来ても良いかな。」
と思われているお客様に、
「当店の一番人気メニューを無料でご提供します。無くしてしまうかも、と心配な方はこのチケットをハッシュタグ付きでSNSにアップしていただくと、当日チケットを持参していただけなくても、無料でプレゼントします。」
とお伝えすることで、一定量の方はSNSにその場でチケットをアップしてくださいます。
 
SNSにアップしてくださったお客様に、1月に入ってからコメントをつけるとプッシュ通知が届くため、自店のことを思い出してもらえる期待値も高くなるでしょう。
 
さあ、飲食店にとって最も稼げる月である12月に突入します。
忘年会シーズンだけ潤って、翌月以降はまたさっぱり売上が上がらないという事態に陥らないように、しっかりと宴会参加のお客様に好印象を植え付け、リピートしていただけるようにしましょう!
 
☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しならサン・アクトにおまかせください☆
http://3act-osaka.jp/

スタッフブログカテゴリの最新記事