飲食店経営者の方は必見!1月の飲食店イベントの効果的な方法について解説

飲食店経営者の方は必見!1月の飲食店イベントの効果的な方法について解説

皆さんこんにちは、ミナミ/飲食店/新規開業を

熱く応援する不動産営業マンの木村です。

 

1月は飲食店が行うべきイベントが、目白押しです。

新春特別メニューや、成人のお祝い、受験合格祈願、新年会など、
飲食店にとって客単価・売上を上げやすいイベントが多数あって困るほどです。

 

2020年1月の新春特別メニューは10日金曜日頃までしか提供できないでしょう。
連休明けの14日火曜日には新春ムードはすっかりなくなってしまうと思われます。

 

しかし、10日までは普段の料理メニューに、「新春初しぼり日本酒飲み比べセット」

などをセットでご提案することで、新春ムードにあやかって売上を伸ばすことができます。

 

新春メニューをお客様にアピールするためには、「お年玉抽選会」の開催をおすすめします。

例えば居酒屋などでは、1時間に1度お客様に向かって「これからお年玉抽選会を開催します。

スタッフが数字の書かれたクジを引くので、お持ちのスマホ・携帯電話の下一桁が同じ数字の方には、

ドリンクを1杯無料プレゼント!」

「2回目の数字と同じ下一桁の方には、新春飲み比べセットを半額でご提供!」
などと大きな声で説明することで、新春メニューをアピールすることができるのです。

 

地域によって式典の開催日に違いはありますが、2020年の成人の日は13日月曜日です。

11日から13日の3連休は「お酒は呑んでも飲まれるな!お父さん、お母さん、

今日は可愛いお子さんにお酒の飲み方を教えてあげましょう」という感じで

成人の日をお祝いするメニューを用意するのも良いですね。

 

「新成人(20歳以上の方)にはお好きなお酒を1杯無料でプレゼント!」

としておけば、ほぼ間違いなく乾杯するためにご両親の分の

お酒もオーダーしていただけるはずです。

我が子の成長に目を細めているご両親は、きっと嬉しくなって追加の

お酒もご注文してくださることでしょう。

 

ちなみに新成人の年齢は2022年から18歳に引き下げられますが、

飲酒が可能なのはこれまでと変わらず20歳以上です。

2022年からは、成人の日のお祝いイベントの内容を

お酒以外のものに変更したほうが良いかもしれませんね。

 

1月のカレンダーを見てみると、年始は6日月曜日から

始業の会社が多いでしょう。

とすると、新年会は早ければ10日、一般的には17日か24日の金曜日に

予約が入りやすそうです。

できるだけ年内から「1月の新年会は17日・24日(金)が激戦です。

お早目に予約をしてくださいね」

という感じで、店内に新年会予約促進POPを貼り出しておくと良いでしょう。

もちろん「今日ご予約をいただくと、〇〇をプレゼント!(もしくは割引)」

などの特典もつけておきましょう。

 

さあ、1月は客単価と売上をアップできるイベントが目白押しです。

競合他店があらゆる手を使って販促を仕掛けてくるであろう中、

あなたのお店が何も手を打たなければ、負けてしまいます。

年内からしっかりとメニューを考え、POPなどを作成しておき、

年明けから良いスタートダッシュが切れるように頑張っていきましょう!

 

ミナミ心斎橋エリアで初めてバーを開業される方は

ぜひサンアクトへご相談ください(^^)v

 

LINEからのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサンアクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事