ミナミ心斎橋で飲食店の居抜き物件を契約する際の【譲渡譲渡契約】について解説

ミナミ心斎橋で飲食店の居抜き物件を契約する際の【譲渡譲渡契約】について解説

飲食テナントの造作譲渡契約とは

 

物や権利の売り買いをする契約のことです。

 

ミナミ心斎橋で居抜き店舗を借りる際

賃貸借契約と同時に前借主が店舗へ残した

設備や造作を買い取る契約を譲渡契約といいます。

譲渡譲渡の対象になるもの

 

居抜き店舗内にあるもののうち

前借主が残していった設備や造作の

全てが対象です。

よって、冷蔵庫やエアコンなどの設備はもちろん

床や壁天井に施された内装も譲渡の対象となります。

造作譲渡の対象にならないもの

 

居抜き店舗内にあるもののうち

前借主ではなく、貸主に所有権が

あるものは譲渡の対象とはなりません。

造作譲渡をする人のメリット1 原状回復義務

 

一般的には、借りている物件を貸主に

返却するときには「原状回復費用」が

必要となります。

 

全ての設備、内装を撤去するスケルトン工事には

高額な費用が発生する場合があります。

 

しかし、造作譲渡をすることにより

その退去時の原状回復義務を

次の入居者へ引き継ぐことにより

自分の義務を免れることができるようになります。

バーやスナックなどの居抜き物件退去時に【原状回復義務】で気をつける点を解説

造作譲渡をする人のメリット2 譲渡売却益

 

譲渡が成功した場合は、当然、収入を得られます。

特に厨房機器は市場で品薄な時期だと

高く売れるケースがあります。

知らなきゃ損!バーや飲食店など居抜き物件の【造作譲渡】そのメリットとデメリットを徹底解説

造作譲渡をする人のデメリット

 

元々処分しないといけなかったものが売れる

可能性があるのでデメリットはないように

思えますが1点だけデメリットをあげるとしたら

 

譲渡がいつ成立するかわからない」という点です。

 

早々に買い手がつけばよいのですが

いつまでも買い手が見つからなかったら

その間の物件の賃料負担は続くことになります。

造作譲渡を受ける人のメリット 開店準備期間の短縮

 

開店までの準備期間を大幅に短縮できます。

特に厨房機器はすでに区画に合ったものが

揃えてある場合が多いため、一から厨房の

設計をする手間を省くことができ、開店までの

準備期間の短縮につなげることができます。

造作譲渡を受ける人のデメリット

 

一般的に店舗の造作譲渡契約をする場合

厳密に1つ1つの設備に対して金額を設定

されるのではなく「店内造作一式」で

「いくら」という内容になることが多いです。

 

「まだ新しい冷蔵庫」はとても価値のあるものに

なりますが、「使用歴約20年の製氷機」は

もしかしたらすぐに寿命がきてしまうかも

しれません。

良い状態のものの引継ぎはメリットと

なりますが、良くない状態の設備を引き継いでも

修理費や処分費が別途必要となるケースも

ありますので、その点もふまえて譲渡内容を

しっかりと確認することが大切です。

 

サンアクトは心斎橋エリアに特化して10年以上

飲食店、バー、ホストクラブ等の

居抜き物件の造作譲渡案件も多数の実績があります。

【参考記事】

造作譲渡による退去をお考えの方は

お気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆大阪ミナミ・心斎橋で貸店舗・居抜き物件をお探しなら

サン・アクトにおまかせ下さい☆

スタッフブログカテゴリの最新記事