居抜き物件とスケルトン物件の違いって?

居抜き物件とスケルトン物件の違いって?

みなさんこんにちは^^!
飲食業で物件を探す場合出てくる言葉で、
「居抜き物件」と「スケルトン物件」があります。
どちらも物件の状態を指す言葉ですが、
どのような違いがあるのでしょうか?

前テナントの内装や設備が残されたままの物件を、
「居抜き物件」と言います。
キッチンや冷蔵庫などの什器、
水周りなどの工事の必要がないので、
開業するための設備投資を低予算に抑える事ができる他、
工事期間も短縮できるため、
早く開業できるというメリットがあります。
一方室内がコンクリートの躯体のままで、
床、壁、天井、配管などの内装設備がない状態の物件を、
「スケルトン物件」と言います。
まったくのゼロから内装工事ができるので、
自分の思い通りのお店を作る事ができます。
しかし、造作工事にコストがかかるため、
工期が長くなるというデメリットがあります。
同じスケルトン物件でも、
以前飲食店が入っていた形跡があり、
「飲食店用のインフラ」が通っているというお得物件も存在します。
退去時に原状復帰が必要な場合は、
退去費用もかかるので注意が必要です。

大阪で居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事