居抜き物件の工事のメリットとは?

居抜き物件の工事のメリットとは?

みなさんこんにちは^^!
昔は、テナント用物件は内装していない状態で借り、
退去の際も借主が元の状態に戻し、
貸主に返すのが普通でした。

それに対して居抜きとは、
前のテナントの内装や造作・設備などが、
そのまま残されている物件のことを言います。
借主は元の状態に戻す必要がなく、
次の借主は、残された造作や設備をそのまま利用できるので、
両者にコスト的なメリットがあります。
また、居抜き工事の場合は、
内装工事代金が抑えられるほか、
工期を短縮できます。
そのため、貸主側にも、
空き店舗の期間が短く済むというメリットがあります。
最近ではコストダウンのために、
多くの企業が居抜きで店舗をオープンするところが増えているようです。
居抜きなら、大きな工事をしなくても、
ある程度店舗としての形が出来ているので、
工事料金が高額にならず、
安上がりな工事料金でオープンすることが出来るので、
個人で起業しようとしている人にとっても、
大変メリットのある物件といえるでしょう。
もし、前のオーナーとの話し合いによっては、
もしかしたら、設備や備品なども、
そのまま使わせてもらうことが出来るかもしれません。
資金の少ない、起業したばかりの時には、
積極的に利用してもいいのではないでしょうか。

居抜きにはメリットがいっぱいありますが、
多くの場合は、前のオーナーが失敗した物件ということもできると思います。
失敗の要因をしっかり分析したうえで借りることをおすすめします。

スタッフブログカテゴリの最新記事