心斎橋でバーやスナックなど居抜き物件を借りる際のメリット、デメリットについて解説

心斎橋でバーやスナックなど居抜き物件を借りる際のメリット、デメリットについて解説

みなさんこんにちは

 

物件検索をしていて

「居抜き物件」というワードを

見たことがある方、

けっこういらっしゃると思いますが、

 

「居抜き物件って何?」と聞かれて

どんな特徴があるのか知らないという方が

大半だと思います。

そこで今回は、居抜き物件の

メリット・デメリットについて

ご説明いたします。

居抜き物件とは前の内装を残した物件

 

居抜き物件とは、前のテナントの

設備・内装を残した物件のことをいいます。

 

逆に躯体のコンクリートむき出しの

物件をスケルトン物件といいます。

【バー経営】スケルトン物件を借りた場合の内装費用はいくらかかるのか?

居抜き物件を選ぶ3つのメリット

 

それでは、居抜き物件の

3つのメリットについて

説明していきます。

①内装工事費用を抑えられる

 

前テナントの内装が残っているので、

必要最低限の補修で営業できることもあり

スケルトン物件と比較すると

大幅に初期費用を抑えることが可能です。

②投資した資金の回収も早い

 

これは①の内装工事費を抑えられる

という部分に連動しているのですが、

初期費用を抑えられるということは、

その分、お店のオープンにかけた

費用の回収も早くなることを

意味します。

③オープンまでが早い

 

スケルトン物件より

工期が大幅に短縮されますので、

当然、お店のオープンまでの

時間も短くて済みます。

 

1日も早く自分のお店を

オープンしたいという方は、

迷わず居抜き物件を選択する

べきでしょう。

居抜き物件のデメリットと注意点

 

ここまで、居抜き物件の良いところ

ばかりお伝えしてきましたが、

今度は居抜き物件のデメリットと

その注意点について説明してまいります。

デメリット:内装の自由度が低い

 

すでに店内造作物があるので、

イメージと違う部分がある場合は、

別途工事費用がかかってしまいます

注意点:設備面の性能保証はない

 

冷蔵庫・製氷機・エアコンなどの

設備があったとしても

その性能保証まではしてもらえません。

 

ですから、契約後に故障した場合は、

自費で修理または交換をする必要があります。

そのあたりを納得のうえ、契約するように

しましょう。

居抜き物件のメリット・デメリット まとめ

居抜き物件とは?

前のテナントの設備が

残っている物件のこと

 

≪メリット≫

①内装工事費用を抑えられる

②投資した資金の回収も早い

③オープンまでが早い

≪デメリット≫

内装の自由度が低い

≪注意点≫

設備面の性能保証はない

ミナミで居抜き物件をお探しならサンアクトへご相談ください

 

弊社は、心斎橋エリアに特化して

10年の実績があり、居抜き物件を

をメインに仲介させていただいており、

そのサポート体制も充実しております。

 

初めて開業という方は、ぜひサンアクトへ

お気軽にご相談ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

LINE質問 ライン サンアクト質問箱

メールからのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

サンアクトがこれまでにいただいた【お客さまの声】口コミ一覧のご紹介

スタッフブログカテゴリの最新記事