居抜き料と造作譲渡料の違いとは?

居抜き料と造作譲渡料の違いとは?

みなさん、こんにちは!
造作譲渡料とは店舗の造作部分を、
ゆずり受ける対価として支払うものです。

一方の居抜き料は、
造作に加え設備や備品を含めて買い取る内容となります。
買い取った訳ですから、
転売や搬出は問題ありません。
しかし、設備に関しては、
固定資産に該当する物もありますので十分注意してください。
居抜きで店舗を購入する場合、
店舗の賃貸借契約書をチェックしなければなりません。
店舗の賃借権を前の経営者から譲り受けるケースでは、
家主の承諾が必要です。
居抜きはあくまで前の経営者との契約にすぎないため、
無断で賃借権を譲渡すれば家主には対抗できないからです。
居抜きの場合、必要となる設備等が揃っており一見便利そうにみえますが、
前の経営者が使えなくなった設備を放置している場合もあるので、
設備が正常に使えるかどうかを確認する必要があります。

また、不要な設備等があった場合、
その撤去や処分にかえって費用を要する可能性もあります。
自分の店づくりに必要な設備かどうかをチェックすることも必要です。
大阪で居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事