最近増えている居抜き物件。その意味は?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
飲食店や物販店、歯科医院、
美容室などのテナント募集にあたり、
「居抜き」と表示された物件が多く見られます。

これは閉店する側だけでなく、
新しく出店する側、
さらにビルのオーナーにもメリットのある契約形態です。
「居抜き」とは、前のテナントによる内装や造作、
設備などがそのまま残されていることを意味します。
簡単な手直しだけですぐに開店することができるほか、
飲食店では食器類などがそのまま使える場合もあるでしょう。
一方で、厨房設備だけ、
あるいは内装の一部だけが残っている状態でも、
「居抜き」と表示されることがあるので、
必ずしも「店名の看板を付け替えるだけで、
すぐに営業できる状態」だとは限りません。
店舗などにおける通常の賃貸借契約では、
テナントが退出する際に内装などの解体工事、
原状回復工事を行い、
いわゆる「スケルトン状態」(コンクリートの打ちっ放しの状態)にして、
明け渡すことになっています。
しかし、次のテナントが同業種であれば、
解体の無駄を省いて有効活用をすることも可能です。

そのため、あらかじめオーナーの了解を得たうえで、
退出する前に次の借り手を探すのが「居抜き物件」の基本となります。

スタッフブログカテゴリの最新記事