初めての開業での注意点とは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
店舗選びで必ずチェックしたいポイントですが、
一つ目は、路面店かどうかです。
集客力だけ考えると路面店が最適な選択とも言えますが、
もちろんその分のコストはかかります。

店舗賃貸の場合、毎月の家賃だけではなく、
物件を契約するためにかかる取得費用が大きくなります。
住居利用と違い、
最初に家賃1ヶ月分以外に保証金の相場として家賃10ヶ月分がかかります。
その他にも不動産仲介手数料が家賃1ヶ月分など、
仮に家賃が10万円だった場合に、
最初の家賃1ヶ月分を含めて少なくとも120万円以上かかる計算です。
もし家賃が30万円ならば、360万円以上です。
最初に綿密に利益予測をして、
初期費用・ランニングコストを踏まえた上で検討する必要があります。
二つ目に、初期費用にも関わってくることとして居抜き・スケルトンの違いです。
居抜きとは、以前使用していた設備・家具・床などを残した状態で募集している物件を呼びます。
反対にスケルトンとは、店舗の設備などが何もない状態のことです。
どちらにもメリット・デメリットがあります。
居抜きの一番のメリットは、
設備・家具などの費用がかからないため、
初期費用を抑えられる点です。
さらに、工事期間が短くてすむため、
お店をオープンするまでの期間を短くすることができます。
工事期間も家賃は発生しているので、
オープンまでの期間はできるだけ短い方が良いです。
居抜きのデメリットは、内装の自由度が低いため、
理想の店舗に近づけづらいところがあります。
また、新品ではないため、
設備が故障するリスクも考えられます。

スケルトンのメリットは、
思い描くイメージ通りにすべてを作り上げることができることです。
居抜きとは違い工事費用がかさむことやオープンまでに時間がかかることがマイナスポイントです。

スタッフブログカテゴリの最新記事