大阪ミナミ、心斎橋長堀橋エリアの飲食店の居抜き物件のメリットとデメリットについて解説

大阪ミナミ、心斎橋長堀橋エリアの飲食店の居抜き物件のメリットとデメリットについて解説

みなさんこんにちは^^!

 

コストを抑えてスピーディに開業できる店舗として、

注目度が増している居抜き物件。

その特徴(メリットとデメリット)をご紹介します。

居抜き物件のメリット

 

居抜き物件のメリットその①

 

以前に閉店した店舗の内装や什器が残っているので、

それを再利用できる。

過去のお店から残されている内装や設備を

そのまま使用できるため、

初期投資を少なく抑えることができます。

 

 

ただし、状態の良好な居抜き物件のなかには

造作譲渡料の支払いを求められることが

あるので注意しましょう。

 

居抜き物件のメリットその②

 

キッチンまわりなど、費用も期間もかかる工事を

一からしなくてよいため、

開業までの費用負担を低く抑えられます。

 

 

居抜き物件のデメリット

居抜き物件のデメリットその①

 

一方、デメリットとしては、

店内のレイアウトがある程度決まっているため、

イメージ通りの内装にしにくい点があげられます。

 

特に飲食店の場合では、

水回りである厨房やトイレの改装が

難しいケースが多いようです。

 

居抜き物件のデメリットその②

 

引き継いだ設備が古く、

実際には使えないといったこともあります。

 

その場合、新たに買い足す必要や

処分費用が必要になる事も

また、新たに店内造作工事費が発生して

しまう場合もあるので注意が必要です。

 

 

居抜き物件とスケルトン物件の違い

 

スケルトン物件て何なの?

というご質問を、居抜き物件をお探しの

お客様から、よく受けます。

一言でいうと、スケルトン物件とは

このような物件を言います。

 

 

壁も床もコンクリートで

何もない物件を指します。

 

一から全てを造る分、希望通りの物件で

開業が可能ですが、時間とお金がかかります。

 

【参考記事】

【バー経営】スケルトン物件を借りた場合の内装費用はいくらかかるのか?

 

 

居抜き物件のメリットとデメリットについて解説 まとめ

 

良い居抜き物件と出会い、上手に活用できれば、

・出店費用を抑える

・開業までの時間を短縮する

ことができます。

 

物件内覧時に、不動産業者や

内装業者にも相談して

メリットとデメリットを理解し

検討いただく事が重要です。

 

心斎橋長堀橋エリアで

飲食店の居抜き物件をお探しでしたら、

サンアクトまでお気軽にご相談下さいませ。

 

 

居抜き物件のカウンター内部について

こちらもご参考になさってください↓

バー居抜き物件の理想のカウンター内側の幅は60㎝以上です

LINEからのご相談はこちらから
メールでのご相談はこちらから
最後までお読みいただきありがとうございます。
☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を
お探しならサンアクトにおまかせください☆

https://3act-osaka.jp/

 

スタッフブログカテゴリの最新記事