大阪の飲食店の居抜き物件の特徴とは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
コストを抑えてスピーディに開業できる店舗として、
注目度が増している居抜き物件。
前に閉店した店舗の内装や什器が残っているなどの特徴は、
多くの方が認知しているかと思います。

表面的にはメリットが多そうな居抜き物件ですが、
気づきにくいデメリットもあります。
どちらの特徴もしっかり理解しておく必要があるでしょう。
メリットとしては、過去のお店から残されている内装や設備をそのまま使用できるため、
初期投資を少なく抑えることができることがあげられます。
ただし、居抜き物件のなかには造作譲渡料の支払いを求められることがあるので注意しましょう。
また、工事期間も短くてすむため、開業までの家賃負担を低く抑えられます。
一方、デメリットとしては、店内のレイアウトがある程度決まっているため、
イメージ通りの内装にしにくい点があげられます。
特に飲食店の場合では、水回りである厨房やトイレの改装が難しいケースが多いようです。
また、引き継いだ設備が古く、実際には使えないといったこともあります。
その場合、新たに買い足す必要が出てくるため、
結果的に造作譲渡料以外に新たに造作工事費が発生してしまうので注意が必要です。

とはいえ良い物件と出会い、上手に活用できれば、
間違いなく費用を抑えることができますので、
大阪で飲食店の居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談下さいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事