飲食店の店舗売却の仕訳って何!?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
飲食店の店舗売却にあたり、
耳にする言葉、仕訳。
仕訳とは一体なんだと思いますか?
 

 
仕訳には、おおきく次のような2つの意味があります。
 
①仕訳とは、「簿記のことば」である。
 
仕訳とは、「勘定科目」を2つ以上組み合わせて、意味を持たせることです。
たとえば、「現金」という「勘定科目」が一つだけあったとしても、
現金が増えたのか、あるいは減ったのか、何もわかりません。
しかし「借入金」という、もう一つの「勘定科目」と組み合わせることで意味が生まれます。
これを仕訳といいます。
 
「勘定科目」だけでは、わからないことが、
もう一つの「勘定科目」と組み合わせることで、意味が生まれます。
さらに借方と貸方へ勘定科目が動くことで全く異なる意味にもなります。
 
②仕訳は、取引内容を省略化する。
 
例えば、借入金によって、10万円の現金が増えた。
という言葉も、取引内容を仕訳で、省略化し表現します。
 
それではなぜ仕訳によって、「簿記のことば」が生まれたり、
取引内容の省略化ができるのでしょうか。
それは、「仕訳が一定のルール」で成り立っているからなのです。
 

 
聞きなれず、難しい言葉に感じますが、
店舗売却の際には必要になります。
飲食店の店舗売却をお考えでしたら、
大阪ミナミのサンアクトまで、
お気軽にご相談下さいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事