ミナミ心斎橋でBARなど【飲食店舗を売却】する際の査定ポイントを3つ説明

ミナミ心斎橋でBARなど【飲食店舗を売却】する際の査定ポイントを3つ説明

みなさんこんにちは

 

何かしらの理由で店舗売却をする場合には

少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。

今回は飲食店を売却される際の査定ポイント

について詳しく説明します。

飲食店舗の売却・査定ポイント3つ

 

1.設備が正常に動作していること

 

飲食店舗の売却をお考えの方は

かつてご自身で購入された

冷蔵庫や製氷機などの厨房備品

エアコンや店内の造作などを

高く買ってもらうことが目的ですね。

 

購入を検討している人は

その店舗を購入したあとに

その設備などがちゃんと使えるのかを

考えます。

よって、もし故障している設備などあれば

内覧してもらう前に修理しておくことを

おすすめします。

2.店内がきれいな状態であること

店舗内の造作や各設備が使える状態だとしても

それらがとても汚い状態だったら、、、

購入を検討している人はどう思うでしょうか。

当然、購入意欲は下がると思われます。

 

「売り物」となる店舗内部の設備や造作は

清掃をきちんとして綺麗な状態を保って

購入検討者に良い印象を持ってもらうことが大切です。

 

3.営業を持続していること

 

店舗を売却されたいなら

店舗購入希望者が現れるまでは

できるだけ「営業中」が望ましいです。

なぜなら、すでに「閉店」している店舗の場合

購入検討者に

「時間が経てば購入代金がゼロになるかも」

と思われてしまう可能性があるからです。

 

店舗の売却の査定ポイントのまとめ

 

店舗を売却したい時は、

 

◎厨房設備やエアコンなどは

正常に動作する状態にしておく

 

◎店舗内や設備は綺麗な状態を保つ

 

◎営業を継続しておく

 

このように、購入を検討される人に

「綺麗な店舗だからすぐに開業できそうだ」

と思ってもらえるような状態にすることを

心がけましょう。

 

【参考記事】店舗売却(購入)にはこちらもご参考になさってください

知らなきゃ損!居抜き物件の【造作譲渡】そのメリットとデメリットを【徹底解説】

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

スタッフブログカテゴリの最新記事