居抜き物件の無償譲渡とは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
スケルトン状態から飲食店として造り込むよりも、
格段に安くあがる居抜き物件。

なにより同じ業態でオープンさせる時など、
お皿やコップといったものまで再利用が可能です。
この居抜き物件を手に入れるには、
金銭による譲渡料が発生する場合がほとんどです。
あるいは金銭による取引を売買と呼ぶこともありますが、
基本同じ意味として捉えて差支えありません。
ところが、時々造作譲渡料0円とか無償という物件があります。
いったいこれはどのような物件なのだろうと、
興味をそそられることと思います。
逆になにか問題でもあるのだろうかと、
勘繰る方もいらっしゃるでしょう。
当然ですが、原状回復工事にはお金がかかります。
坪10万円程度が目安です。
10坪の飲食店で100万円程かかる計算です。
パターンとしては2つ。
そもそも内装造作や厨房機器を売ることが出来ることをご存知ないケースと、
大家さんの好意で敷金の返還をしない代わりに、
原状回復工事を免除してもらうケースの2つが多いでしょう。
そもそも造作の譲渡をご存知ない方は大家さんに、
解約通知を出してしまってからその存在を知るケースが殆どです。
その為造作を売る為に必要な時間がないということになります。
結果的にせめて原状回復工事代だけでも浮かせようと考え、
次のテナントが付きやすい造作譲渡料0円として募集をだすのです。
大家さんが原状回復工事を免除する背景には、
居抜きの方がスケルトンよりか貸しやすいとの思惑があります。
原状回復工事が敷金以上にかかることがある中で言えば、
双方にとってメリットがある方法です。

大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事