大阪の裏なんばに多い居抜き物件の業種とは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
大阪といえば、安くてうまい!は当たり前。
今や大阪ミナミ随一のホットスポット、裏なんばですが、
裏なんばは、その名の通り難波の裏通りにあたるエリアで、
なんば駅の東側あたりの路地裏エリアをさします。
 

 
小さい路地に立ち並ぶやきとり、バル、立ち飲み、うどん、
そば、お好み焼き、寿司など、なんでも揃う裏なんばは、
はしごするのがとっても楽しいエリアで、
オシャレなバルや立ち飲みが最近女子に人気です♪
 
そんな大阪の裏なんばに多い居抜き物件の業種は、
立ち飲み屋さんなどの居酒屋です。
 
裏なんばの始まりは2010年。
当時は道具屋筋や家具屋通りの倉庫がならび、
キャバレーの電飾が光るエリアでした。個人飲食店の店長が「このエリアの飲食店を盛り上げていこう」と始まった裏なんば。
当初は堺筋から一本西の通り周辺からはじまり、
堺筋を挟んだ黒門市場周辺の店舗と広がっていったという経緯があります。
 

 
どんどんエリアが広がって、店舗が増える中、
入れ替わりもありますが、とっても人気エリアのため、
すぐに次の出店が決まってしまうのも現状です。
 
裏なんばで開業をお考えでしたら、
大阪ミナミの居抜き物件に強いサンアクトまでお気軽にご相談くださいませ♪

スタッフブログカテゴリの最新記事