大阪で貸し店舗を利用した飲食店が増えた理由とは?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
最近大阪ミナミでは、
貸し店舗を利用した飲食店が増えています。
 

 
物件にはスケルトン物件と居抜き物件があり、
スケルトン物件は新築で設備などが全く整っていない物件、
または以前のオーナーが設備を全て撤去して何も無い状態の物件を指します。
資金や整えなければならない設備が通常より多くなりますが、
内装や外装にとことんこだわった理想的な店舗づくりが可能です。
 
前に使われていた設備がそのまま残っている物件を居抜き物件と言います。
既存の設備を活用できるため、費用を抑えられる、
準備期間が短いといった特徴がありますが、
以前の店舗の評判や害虫被害の有無など、
初期段階で店舗の状態をしっかり把握することが大切です。
それぞれのメリットや資金計画などを考慮し、物件の特性を見極めましょう。
 
新たに敷地を購入して店を建てるとなれば、
莫大な費用が必要となります。
しかし、お店の経営はリスクが少ない程有利です。
その点、貸し店舗は少資本で有利に開業できます。
また、少資本ゆえに資金が有効に活用でき、
多店舗化、チェーン化への展開も可能です。
 

 
大阪で貸し店舗を利用した飲食店の開業をお考えの方は、
大阪ミナミのサンアクトまで、お気軽にご相談下さいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事