バーやスナックなどの【居抜き物件を活用】する際の保証金・敷金の目安とは?

バーやスナックなどの【居抜き物件を活用】する際の保証金・敷金の目安とは?

みなさんこんにちは!

 

今回のテーマはバーやスナックを開業する際にかかる

保証金や敷金について相場や目安を説明します。

 

心斎橋エリアに特化して10年の

サン・アクトでは、年100件を越える

ご契約に携わっておりますが、

その中でお客様からよく聞かれる

保証金・敷金について

お答えしたいと思います。

 

敷金・保証金の目安は家賃3ヶ月分

 

保証金・敷金というと家賃の3ヶ月分などと

一般的に言われますが、

これは何のためのお金かといいますと

家主さんを守るためのものです。

いざ家賃の滞納や物件の修繕が必要な時に

預けている保証金・敷金から補填される

仕組みになっております。

 

【参考記事】

【2021年版】ミナミのバーやスナック物件【賃料相場を徹底解説】

保証金と敷金の違いを説明

 

「保証金と敷金どう違うか?」

こんな疑問をお持ちの方って

けっこういるんじゃないでしょうか?

 

関東では敷金・関西では保証金と呼ばれると

インターネット上の情報で散見されますが、

実際、心斎橋で働いていると物件によって

半々ぐらいかなという印象です。

 

どちらも担保として家主に預けるお金ですので、

意味合いとしてはほぼ同じですが、

精算の仕方に少し違いがあります。

敷金の場合、借主による故意・過失での損傷や

家賃の滞納などがなければ、退去時に全額が

返ってきます。

 

保証金の場合は、滞納などがなくても

預けた保証金から家賃2カ月分ほどのお金が

差し引かれます。

これを解約引きといいます。

 

これだけ聞くと保証金の方が損なように

感じますが、敷金の場合は別に礼金という形で

入居の際に家主へ支払う金額がありますので、

トータルで考えると敷金も保証金も

ほぼ変わらないと考えられます。

 

居抜き物件活用の際の保証金・敷金のまとめ

 

・家主を守るためのお金である

・目安は家賃3ヶ月分

・ほぼ同じ意味合いだが、精算の仕方に違いがある

 

保証金・敷金とは物件取得費用の一部に過ぎません。

トータルでもっと知りたいとい方へ

こちらの記事がおすすめです👇

なんぼかかるん?心斎橋でスナックを開業する際に物件契約時必要な金額を【徹底解説】

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗

居抜き物件をお探しならサン・アクトに

おまかせください。

 

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

スタッフブログカテゴリの最新記事