心斎橋エリアで飲食店舗の居抜き物件を退去する際の注意点とは?

心斎橋エリアで飲食店舗の居抜き物件を退去する際の注意点とは?

みなさんこんにちは!

 

お客さまが良く気にされるバーや居酒屋など

賃貸店舗の退去の際の原状回復ですが、

何とか費用を抑えて退去したいと

お考えの方へ向けてどうすれば

居抜き状態で退去できるのか?

 

についてご説明したいと思います。

 

賃貸店舗の契約は基本スケルトン返しとなります

基本的に原状回復とは、

店舗を「借りたときと同じ状態」に

戻して退去することです。

 

入居したときにその物件がスケルトンであれば、

同じようにスケルトンに戻して明け渡す事になります。

 

そして、よく問題になるのが、

居抜き店舗から退去の際に、

当然のように居抜き状態で退去できると思っていたところ

貸主からスケルトン返しを求められ

「話が違うのでは?」となるケースです。

 

見出しにも書いた通り、

店舗物件の契約というのは、

基本的にスケルトン返しです。

 

ですがせっかく作った内装が

もったいない事やそのままの内装の方が、

次の借主が見つかりやすそうなど

色々と考察した上で、貸主から居抜きでの

退去を認められたものが居抜き物件となります。

 

ここで重要なことは、当初の原状回復義務

(スケルトン返し)については、次の契約

にも継承されるということです。

 

ですから建物が建てられた最初の状態(スケルトン)

こそが原状回復のあるべき姿ということになります。

 

世間には、多くの居抜き物件が出回っておりますが、

あくまでそれは貸主が認めた特別なケースであると

認識しておくことが大切です。

 

どうすれば賃貸店舗の解体費用を抑えた居抜きで出られるのか?

 

どうすれば居抜き状態で退去できるのか?

これに関しての権限は、

100%貸主側にありますので、

如何にその物件自体の良さを理解していただけるか

日頃の貸主との良好な関係づくりが重要になります。

 

賃貸店舗の原状回復費用負担のリスク軽減のために

 

原状回復費用の負担が発生しないために大切なことは、

やはり契約前の十分な確認です。

居抜きで出ても大丈夫なのかどうか

貸主側の正式な回答を得てから契約しましょう。

 

大阪心斎橋で店舗の退去をお考えでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事