居抜き物件を借りる際の、注意点とは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
とにかく「安く」「早く」開業できると今流行りの居抜き物件。
スケルトン物件よりも気軽に開業しやすいことから、
飲食店に限らずあらゆる業態で人気が高く、
居抜き物件専門の不動産も多くあります。

しかし居抜き物件は「中古品」であるがゆえに、
注意すべきポイントがあります。
欠陥に気付いたけれど契約してしまってあとの祭り・・
なんてことにならないためにも、
内覧のときからチェックポイントを抑えて物件を決めましょう。
居抜き物件を検討するうえで忘れてはいけないのが、
一度開業し、撤退を決めた店舗であるということです。
前テナントが撤退した理由については、
お店のオーナーや不動産会社に必ず尋ねるようにしましょう。
一番多い撤退理由は「経営の悪化」によるものです。
こういった物件で同業態で開業する場合は、
よほど綿密な戦略を立てなければお店の成功は難しいでしょう。
全くの異業態としてオープンする、
異なったターゲット層を狙うといった勝算がないのであれば、
コストがかからないことだけを理由に出店するのは控えるべきです。
逆に撤退理由が「経営の悪化」以外の事情で、
「やむなく手放す」というものであればラッキーだと言えるでしょう。
しかしいずれの場合にしろ、
自分が開業する前に、
前テナントのオーナーがぶつかっていた課題や障壁を分析し、
自分はそれをどのように乗り越えられるのかを考えることが大切です。

大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事