居抜き物件を店舗改装する際の注意点とは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
店舗改装といえば、どのような内容を想像しますか?
おしゃれな外観や、きれいな内装、店内空間の改善、
劣化した設備機器の交換など、リフォームしたい内容はさまざまですよね。

生活の大半を過ごす店舗だからこそ、
後悔のない改装をしたいものですよね。
店舗改装における設備投資では、
多額の費用がかかります。
改装後の売り上げ増加分でそのコストを回収できるか、
ことに中小企業の場合は、適切な予算を検討する必要があります。
また工事の規模にもよりますが、
改装中の期間はたいていの場合、
営業を休止する期間が発生します。
その間は当然収入を得ることができないので、
この分も計上しておかなくてはいけません。
また費用が多くかかるにも関わらず、
ほとんどの店舗改装工事はローンを組むことができません。
原則として現金払いです。
なおリフォームの見積り内容によっては、
金融機関から融資を受けられます。
融資が決済されると、リフォーム業者の口座へ振り込むのが一般的です。
料金は、着工前・工事中・工事完了後に3分割で支払うパターンが最も多く、
着工前・施工後の2回に分けて支払うケースもあります。
厨房の機器などはリースがあるので、
万一予算が足りなければリフォーム業者に仲介を依頼すると、
手続きしてもらえることが多いため、相談してみると良いでしょう。

大阪ミナミで居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事