BARやスナックなどの【居抜き物件】を借りる際のメリットとデメリットについて解説

BARやスナックなどの【居抜き物件】を借りる際のメリットとデメリットについて解説

みなさんこんにちは

 

物件探しをしていると

よく目にする「居抜き物件」

 

物件探しを始めたばかりの方の中には

「居抜きって何?」

「いったいどういう意味?」

と思われている方もおられるでしょう。

 

今回は、居抜き物件について

メリット・デメリットをふまえて

説明してまいります。

居抜き物件とは?

居抜き物件とは、

店舗内の設備が残った状態の

物件をいいます。

 

店舗内から人が居なくなった状態

をイメージしていただくと

分かりやすいでしょう。

 

ちなみに居抜き物件の他に

スケルトン物件、リース物件

などがあります。

詳しくはこちらをご参照ください👇

ミナミ心斎橋で【バー開業】知っておきたい「居抜き」「リース」「スケルトン」の種類について解説

 

居抜き物件のメリット

 

それでは、居抜き物件のメリット

についてみていきましょう。

①開業費用を抑えられます

スケルトン物件からお店を始める場合、

一般的に1坪当たり30~50万円かかる

と言われていますので、

例えば10坪の店舗を造ろうと思ったら

だいたい300~500万円かかる計算になります。

 

これが居抜き物件だと

おおよそ100万円前後の金額で

物件取得ができますので、

クロス交換など改装費用をかけたとしても

大幅に開店費用を抑えることが可能です。

②物件取得後から開業が早いです

 

スケルトン物件と違い、店舗を使える状態にするのに

かかる時間が大幅に短縮されますので、

物件取得をしてから開業までが早くできます。

③開業前にシミュレーションができます

店内にカウンターなど造作物があるので、

実際にお店を営業した場合の動線の確認など

ができますので、オペレーションについて

事前にシミュレーションすることが可能です。

居抜き物件のデメリット

 

それでは、居抜き物件のデメリット

についてもみていきましょう。

①イメージ面で妥協は必要

 

居抜き物件の場合、前店舗の造作物が

あるので、どうしても完全に自分の

イメージに合ったお店にするのが難しいです。

 

一度壊してから造り直す方法もありますが、

費用がかかってしまい、せっかく居抜きで

借りたメリットが失われてしまうため

ある程度の妥協は必要となるでしょう。

 

②設備が使えない可能性もある

冷蔵庫や製氷機、エアコンがあって

仮に内覧時に使えていたとしても

中古品ですので、急に壊れてしまう

可能性もあります。

 

(※もちろん新品でもすぐ壊れることは

ありますが、その確率は低いでしょう。)

 

そして壊れた場合は、その修理費用は

基本的に借主さまが支払うことになります。

 

この点が心配な方へは、

設備面の動作不良にも家主側で

責任をもっていただける

リース物件がおすすめです。

居抜き物件について まとめ

 

【居抜き物件とは?】

店内から人が居なくなった状態の物件のこと

 

≪居抜き物件のメリット≫

①開業費用を抑えられます

②物件取得後から開業が早いです

③開業前にシミュレーションができます

 

≪居抜き物件のデメリット≫

①イメージ面で妥協は必要

②設備が使えない可能性もある

 

 

サン・アクトでは数多くの居抜き物件を

取り扱ってきた実績があります。

バー・スナック・飲食店の開業を

お考えの方は、ぜひサンアクトへご相談ください(^^)v

 

LINEからのご相談はこちらから

メールでのご相談はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサンアクトにおまかせください☆

スタッフブログカテゴリの最新記事