居抜き物件で飲食店を開業!注意点とは?

NO IMAGE

みなさんこんにちは^^!
厨房設備からイス、テーブル、
食器など什器備品まで、
一通り揃ってすぐにでも開業できるのが、
本来の意味の居抜き店舗です。

それをそっくり譲り受けるということで、
保証金のほかに造作譲渡代を支払いますが、
新築物件に比べれば安くなります。
ただ、譲渡された内装、
什器備品をそっくりそのまま使えるのかを、
チェックしなければなりません。
厨房や空調関係の機器が、
故障していたりすることもあります。
また、前の人がリースにしその支払いが滞っていたりすると、
その分の支払いまで回さることがあるので注意が必要です。
自分ではそっくり全部買ったつもりでも、
明け渡し前に一部機械を外されてしまうこともあります。
また、同じような業態で開業する場合は、
お客様の立場で見ると店が変わったことに気づかないこともよくあります。
その場合に、前のお店が繁盛していながら撤退したのなら問題ないのですが、
流行っていないお店だった場合、
そのイメージをそのまま引き継ぐことになります。
居抜き物件を検討する際は、
前のお店の周囲の評判も良く確認する必要があります。

居抜き物件を使えば初期投資を、
大幅に抑えられることが多いのですが、
デメリットをよくわかった上で注意してかからないと、
却って費用がかかってしまったということになりかねませんので、
気を付けましょう。

スタッフブログカテゴリの最新記事