心斎橋・長堀橋の飲食店を閉店!店舗売却の相場とは?

心斎橋・長堀橋の飲食店を閉店!店舗売却の相場とは?

みなさんこんにちは!

 

もし今、心斎橋や長堀橋で経営している

飲食店を閉めようかな?

とお考えでしたら、通常解約ではなく

店舗の売却を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

移転・閉店のサポート

今回は飲食店舗の売却方法と心斎橋エリアの

売却相場について書きたいと思います。

 

 

もし現在のお店をスケルトン状態から、

公庫や県の創業者支援資金制度を利用して開店させた

のなら、7年間はローン支払いの最中でしょう。

 

普通に閉めたら借金だけが残ります・・・。

 

 

であれば、店舗売却を行い少しでも回収する方法を

考えましょう。

 

飲食店の閉店時費用とは?

 

店舗の閉店時に発生する費用は大きく分けて2つです。

 

① 退去までの解約期間の家賃

 

解約予告期間は各物件により様々

3ケ月~6ケ月が一般的です。

この期間が短くできれば、支出が抑えられます。

 

② 返却時の原状回復費用

 

スケルトンで借りた場合、スケルトンで返却や

居抜きで借りた場合でも、貸主さんの決めた返却状態が

ある物件もあります。

 

物件の広さや状態にもよりますが、10坪程度の店舗での

スケルトンへの工事費用は100万円程度は必要かも

しれません。

 

飲食店の閉店時費用の削減方法

 

まずは、契約中の賃貸物件の閉店時費用を正確に

把握しましょう。

次に

①閉店時期を決める。

 

解約予告期間を考慮し、時期をきめましょう。

 

また、お店だけを閉めて家賃や光熱費などの支払いだけが

残ってしまうような状態は避けましょう。

 

②店舗の希望売却金額を決める。

 

売却希望金額は、あくまでもご自身の希望です。

買われる側は、中古の店舗・備品に中古としての値段を

つけます。

 

双方に乖離が大きいと買い手がつきません。

閉店までの期間を考慮し、値段をつけましょう。

 

店舗売却の相場とは?まとめ

 

費用が潤沢にあれば、お店を閉めるのは何時でも

出来ます。

 

 

飲食店創業者の殆が、開店1・2年の間に

経営難の壁・集客の壁に直面すると言われます。

 

開店してから期間が短いほど、借り入れのローンの

返済債務が沢山残っています。ですから売却に出す時、

出来るだけ高く売って、借金の返済の足しにしようとします。

 

一方、居抜き店舗を探している方は、立地が良くて

・家賃も安く・価格の安い物件を探しています。

そう考える事はどちらも正論です。

 

双方の価格差は大きいのです。

 

従って、居抜き店舗の売却の相場は非常に安く求められ、

相場的には沖縄の70%ほどと言われています。

 

心斎橋や長堀橋で閉店をお考えでしたら、

サンアクトにご相談ください。

 

地域に特化しているからこそ、店舗の立地や業種なども

考慮し閉店時・店舗売却時のご提案もさせていただきます。

 

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

https://3act-osaka.jp/property/

スタッフブログカテゴリの最新記事