心斎橋で【バー開業】居抜き物件の理想のリフォームとは?

心斎橋で【バー開業】居抜き物件の理想のリフォームとは?

みなさんこんにちは!

 

バーの開業のため物件巡りをしているけど、

全然イメージに合うのがないから

決めるにも決められない」と開業が

先延ばしになっている方、

けっこういらっしゃると思います。

 

必死で探しているのに見つからない・・

 

理想の物件に出会えない・・

 

気持ちは焦るが妥協もしたくない。

 

今回は、そんな方々へ向けて

居抜き物件をリフォームして

自身の理想イメージに近づける方法について

心斎橋エリアに特化して10年の

サンアクトでの実例を通して

ご説明したいと思います。

 

予算を抑えてイメージに近づけるなら表層をリフォーム

 

ご自身のイメージに近づけたければ、

まず、クロス・床などの

表層リフォームから着手しましょう。

 

なぜなら、一番手っ取り早く簡単で安価だからです。

そして、広範囲に変更できるので、

お客様の視覚に訴える要素も多いので、

お店のカラー・コンセプトを

しっかりと印象づけることができるでしょう。

 

表層リフォーム2つの具体例

 

具体例①

リフォーム前↑

 

リフォーム後↑

 

【リフォームのポイント

こちらの場合、イス自体が変わっておりますが、

表層リフォームに目を向けると

目に付くのがカウンターとドアの色では

ないでしょうか?

 

これはダイノックシートという

上から貼る素材を使うことで

イメチェンしております。

ダイノックシートについて詳しくはコチラ

 

また床の色がリフォーム前は、

白いカウンターが映える

暗めの色でしたが、

リフォーム後は逆に薄い色を

使うことで濃い色に変更したカウンターやドアが

映えるようにされております。

 

具体例②

リフォーム前↑

 

リフォーム後↑

 

 

【リフォームのポイント】

こちらの場合は、主にクロスの変更が

分かりやすいですが、床の色を

より暗めの物にすることで、

壁と床のコントラストをつけメリハリを

感じさせるリフォームになっております。

 

内装が古くて表層だけではイメージに近づけられない場合

 

内装状態が古くてもっと大がかりな

リフォームをしないと、到底イメージには

近づけないという方もいらっしゃるかと思います。

 

弊社のお客様の中にも

入口付近についていた

備えつけのボトル棚を撤去して

開放感を出された方、

店内についていた鏡を撤去された方、

バック棚(バックバー)の棚を

一新された方など大掛かりなリフォームを

された方もいらっしゃいます。

 

ご自身の予算に合わせて

できるところは、とことんリフォームする

というのも一つの手ではあります。

 

予算を抑えてイメージに近づけるなら表層リフォームがおすすめ

 

居抜き物件を借りる際、必ずイメージ通りの

物件と出会えるとも限りません。

 

そんな時に役立つのがリフォームですが、

手っ取り早くご自身のイメージに近づけるなら

表層リフォームからされることをお勧めします。

 

【参考記事】こちらもリフォーム事例が掲載されております👇

【BAR開業】10件以上内覧したのになぜ良い物件に出会えないのか?

まとめ

 

➀クロス・床の張替え

 

②ダイノックシートの活用

(カウンター、バック棚、ドアなど)

 

物件自体のかたちを変えなくても

上記の部分の色や柄を変えるだけでも

ご自身のイメージに近づけることは可能です。

 

物件探しの際は、リフォームした場合の

イメージも考えながら内覧すると

また違った気づきがあるかもれません。

 

どうしてもイメージ通りの物件が見つからない

場合は、スケルトン物件での開業も検討してみては

いかがでしょうか?

【参考記事】

【バー開業】スケルトン物件を借りた場合の内装費用はいくらかかるのか?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

気になる事や分からないことがあれば

お気軽にご質問ください。

 

LINE質問 ライン問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

スタッフブログカテゴリの最新記事