店舗売却を行った際の会計処理の方法

NO IMAGE

みなさんこんにちは

店舗売却とは、設備・内装・調度・家具などがそのままの状態の物件を、
賃貸したり売買することを指します。
このような居抜き物件は、工事費を安く押さえられるというメリットがありますが、
設備等を売買する場合には、会計処理が特殊になりますので注意が必要です。

飲食業などの開業を目的に、それまで営業していた店舗を、
そのまま購入する事を居抜き購入と言いますが、
そんな物件の購入に際して注意すべき会計処理がある事は、
一般的には知られていない場合が多いものです。
物件そのものの購入に関わる処理は通常と変わりは有りませんが、
設備や什器備品、更には家具までも備え付けられている居抜き物件の場合、
その一つ一つに詳細な会計処理が必要となります。
設備によって、資産として計上しなければならないもの、
消耗品などの費用として計上できるものなど、
高額な設備で有れば有るほどその処理方法次第で、
後々問題になってしまうことも有り得るのです。

店舗などを居抜き物件として購入した場合、
後の会計処理まで視野に入れた上で、
仲介業者などから設備、什器備品、
そして家具に至るまで詳細な明細を入手しておく事は、
必ずしておくべきことなのです。


☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

スタッフブログカテゴリの最新記事