ミナミ心斎橋エリアで飲食店舗の居抜き物件の契約の流れとは?

ミナミ心斎橋エリアで飲食店舗の居抜き物件の契約の流れとは?

みなさんこんにちは!

 

飲食店などの開店をお考えの方で、
よく耳にする、お得な居抜き物件

なるものが気になっている。

なんて方も多いと思いますが、
居抜き物件を契約するとなると、
一体どんな流れになるのでしょうか?

 

飲食店居抜き物件の物件契約までの流れ

 

①テナント物件探し

どのようなお店を計画し、探しているかをサンアクトに教えてください。
ご希望条件を確認し、開業までのスケジュールをみながら、
物件探しのお手伝いをさせて頂きます。

②物件の内見

条件に合った気になる物件がありましたら、
実際に物件の外部・内部を確認しましょう。
わからないことがあれば何でもご相談ください。

③物件の申し込み

内見して気に入った場合、所定の申込用紙に記入捺印の上、
貸主または不動産業者へ提示します。
条件交渉を入れる場合も申し込みと同時に申し入れを行います。

④貸主審査

お申し込みの後、貸主側にて申込者の選定及びお客様の信用調査を行います。
どのような方かだけではなく、どのようなお店になるのかも審査対象としています。
審査期間中に立地調査、内装予算・設備容量の確認を行い、最終判断していただきます。

⑤店舗資産譲渡契約

現在の借主から店舗資産(造作・設備)を買取る契約です。
賃貸借契約とは当事者が異なるため、
リースの精算や故障などのトラブルを防ぐ目的で、
瑕疵担保責任やリース精算などを明確に取り決め、
譲渡リストを添付した契約書を作成します。

⑥賃貸借契約

貸主様との賃貸借契約条件の調整が終わり、
承諾が得られた場合、契約内容や登記事項などを

確認した上で賃貸借契約を締結します。

いったん契約を締結した後に変更を求めても

認められるとは限りません。

店舗の場合、事業用の契約となるため、
費用負担や営業時間、業種制限、原状回復など、
細かな部分まで契約前に確認する必要があります。

 

ここまで来たら、物件の引渡し、そして念願の開店です。
居抜き物件をお探しでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

 

居抜き物件についてもっと知りたい方はこちら↓もご覧ください。

ミナミ心斎橋で初めてバーやスナックを開業するなら断然【居抜き物件】がおすすめ

スタッフブログカテゴリの最新記事