飲食店舗を売却する際の仕訳方法とは

飲食店舗を売却する際の仕訳方法とは

みなさんこんにちは

 

今開業している飲食店舗が不要になったり

耐用年数をすぎて使用できなくなったり

した場合は、売却することがあります。

 

 

飲食店舗を売却する場合

 

固定資産売却益とは

 

固定資産を売却する場合は、
固定資産の帳簿価額より売却価格が高いか、
低いかを計算する必要があります。

 

帳簿価額とは、固定資産の取得原価から、
減価償却累計額を引いた値になります。

 

帳簿価額 = 取得原価 - 減価償却累計額

 

帳簿価額より高く売れた場合は、収益が発生します。
この収益を固定資産売却益(収益の勘定)といいます。

 

 

逆に帳簿価額より売った金額が低かった場合は

費用が発生します。

 

この費用を固定資産売却損(費用の勘定)といいます。

ようするに、高く売れれば儲けになるし

安く売れれば損をするということですね。

 

固定資産の償却方法

 

固定資産の減価償却を直接法で処理をしたか

間接法で処理をしたかによって売却した際の

仕訳を分けて処理します。

 

固定資産売却益とか損とか堅苦しい用語が

出てきましたが、要するに店舗作成にかけた費用より

高く売れたのか、安く売れたのかってことなんですよね。

 

 

 

☆心斎橋や長堀橋でバーなどの賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

物件一覧ページ https://3act-osaka.jp/property/
サービス情報  https://3act-osaka.jp/start/

LINE質問    https://3act-osaka.jp/line/

スタッフブログカテゴリの最新記事