居抜き物件を使ってバーをオープンする際、路面店、空中店舗のどちらがおすすめ?

NO IMAGE

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
これから居抜き物件を使ってバーのオープンを、
お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
店舗を構える時、業態を考慮し出店戦略として考えるのが、
駅近、都心部、地方、ターゲット層のマッチ、路面店などだと思います。
 

 
では、バー業態ではどうでしょう?
バーのコンセプトや店舗の表情などを考えた上で出店をするとき、
「賃料が安いから」、「居抜きでテナントが見つかったから」など、
そういった理由で出店を決めたというケースがあるかと思います。
 
路面店よりは空中店舗(ビルの2階以上)の方が、
賃料や敷金面などでおすすめできるメリットがあります。
しかし、集客面での部分で劣ってしてしまうデメリットも潜んでいます。
 
ただ、そのデメリットでも、
「1階に看板を設置できる」
「ビル自体に集客力がある」
「路面店からの集客を見込める」・・・等、
不利になる部分をカバーできるだけの要素があれば、
メリットに変える事が出来ます。
 
短所を長所で補える要素を作って伸ばしていく。
また少しでも新規での集客がある状態ならば、
リピータになって頂くための対策に頭を使っていく。
集客するための販促費に予算を掛けれない。
そのような状態ならばなおさら、
どこに頭を使うかが必要になってきます。
 

 
居抜き物件を使ってバーのオープンをお考えでしたら、
サンアクトまでお気軽にご相談くださいませ。

スタッフブログカテゴリの最新記事