心斎橋でバー【店舗売却】造作売買で重要な3つのポイントを徹底解説

心斎橋でバー【店舗売却】造作売買で重要な3つのポイントを徹底解説

みなさんこんにちは

 

バーを移転・閉店する際に

ある方法を使うとお店を売ることが

できるって知ってますか?

 

その方法が「造作売買」という方法です。

 

今回は、店舗売却における

「造作売買」で重要な3つの

ポイントについてお伝えしていきます。

 

※店舗売却は貸主様の許可が必要です。

造作売買とは何か?

 

造作売買とは、店舗内にある冷蔵庫

製氷機・イス・テーブルなど設備備品等を

次の契約者に売ることをいいます。

造作売買をする際に重要な3つのポイント

 

それでは、造作売買をする際に

重要な3つのポイントについて見ていきます。

①店舗売却実績のある不動産会社を探す

 

不動産会社ならどんなところでも

店舗売却を扱えるかというと

答えは「NO」です。

 

まずは「店舗売却」の実績がある

不動産会社を探すことから始めましょう。

 

不動産会社にも「得意」「不得意」があります。

 

日頃から飲食店やバーを中心に仲介している

不動産会社をインターネットなどで

探してみましょう。

 

【参考記事】不動産会社の選び方について解説

【はじめての開業】飲食店舗を探す際の不動産屋選びのポイントを解説

②妥当な売却金額に設定する

 

実際にいくらで買ってほしいのか

もちろん高ければ高いほど

嬉しいはずですが、あまりにも高いと

そもそも買ってもらえませんので、

売却金額を決める際のポイントを

お伝えしてまいります。

導入した設備代を基準にしない

 

店舗売却考えた場合、どうしてもこの設備は

新品で買って高かったからできれば定価に

近い値段で買ってもらいたいなどと思って

しまうかもしれません。

 

しかし店舗を買いに来られる方で、全くの同業で

設備をそのまま使われるというケースは

あまりありません。

 

ですから、いくら売り手側がいいものという

認識があったとしても、買い手側からすると

お荷物にしかならないような物が混じっている

ことが多々あります。

 

この点を踏まえて最初に設備にかけた費用を

売却額の基準にするのは避けましょう。

 

どうしても特定の設備だけ売りたい場合は、

その機材を取り扱っている専門業者に

買取をお願いするのも一つの手段として

考えておきましょう。

 

売主の希望金額で出してみて内覧者の反応から調整する

 

値段設定をする方法の1つに売主の希望金額で

出してみて内覧者の反応から調整するというのも

売主からすると納得できる材料になります。

 

希望金額を設定して、実際に内覧された方々の

感想をもとに相場観にあった金額に調整する

という方法があります。

 

立地条件も考慮する

 

バーを買い取ってまで

開業しようと考えている方は、

どちらかというと設備そのものより

その立地にある店舗を使えることに

価値を見出していることが多いです。

 

ですから、もしご自身が買う側の立場

としたら、当該物件の立地でいくらまでなら

出してもよいと思えるかという

判断基準で設定してみると良いでしょう。

③売却する物品を綺麗な状態にしておく

誰しも購入するものは綺麗な方が喜びます。

より高い金額で買ってもらえるように

売却物品の状態は良い状態を保ちましょう。

バー店舗売却での注意点

 

バーの店舗売却をする際、

希望の価格で買ってくれる

人が現れるまで待つのはやめましょう。

 

退去のタイミングが遅れてしまい、

結局売却できたとしても家賃分で

相殺されてしまっては本末転倒です。

 

しっかり退去のリミットを設定した上で

買い手を探すのがよいでしょう。

バーの店舗売却 まとめ

 

バーを売却する時の重要なポイントは以下の3つです。

 

①店舗売却実績のある不動産会社を探す

②妥当な売却金額に設定する

③売却する物品を綺麗な状態にしておく

 

バーの店舗売却をお考えの方は、

心斎橋でバーや飲食店の仲介に特化している

サン・アクトへぜひご相談くださいませ👇

移転・閉店のサポート

☆心斎橋や長堀橋で賃貸店舗・居抜き物件を

お探しならサン・アクトにおまかせください☆

 

【参考記事】サンアクトお客さま口コミ一覧

ラインやメールでもお問い合わせ受け付けております。

LINE質問    ライン サンアクト質問箱

メールでのお問い合わせはこちらから

お問い合わせありがとうございます

スタッフブログカテゴリの最新記事